クアラルンプール、ときどき東京。デイジーのマレーシア移住&子育て&起業奮闘記!アラフォーママで一家の大黒柱、デイジーのドタバタな毎日を綴ります。ヴィジョンは、ネットでもリアルでも「アジアでいちばんあったかい家族みたいなコミュニティ」をつくること!マレーシアだけでなくアジア在住の方、これから移住を考えている方、大歓迎!みんなでつながりましょう♪ご質問などもお気軽にどうぞ!デイジー:神奈川県生まれ。東日本大震災1週間後より東京から四国に移り住む。2012年12月よりマレーシア首都クアラルンプールに移住。月に1〜2回、KL-東京間を往復しながら、育児と仕事を満喫中。夫ごまたろう、長男たろう(5歳)、次男じろう(2歳)の4人家族。

2017/05/18

地球のどこかで“WAOJE(ワオージェ)”!

あんまりセンスを感じないネーミングだなあ……(ロゴデザインは悪くないけど)。

創設者の方はきっとものすごく思いを込めて名付けたんだろうけれども、会の成り立ちもイマイチよくわからない末端支部メンバーのデイジーは、最初に聞いたとき、思わずそうつぶやいてしまいました。
旧名の「和僑会」のほうが、わかりやすくていいのでは?? とさえ思ったのです。

「WAOJE」とは、World Association of Overseas Japanese Entrepreneursの略で、世界を舞台に活躍する日本人起業家のネットワーク団体のこと(詳細はこちら)。
クアラルンプールだけでなく、シンガポールやタイ、フィリピンなど、東南アジア各国をはじめ、日本やアメリカにも支部があります。
ビジネスネットワークといえば、KLだと「JACTIM」という商工会議所がありますが、こちらがマレーシアに進出している名だたる大企業が名前を連ねているのに対して、WAOJEはどちらかというと中小のベンチャーの社長さんが中心の集まりということになります。

* * *

デイジー個人的には、集団行動が昔から大の苦手で、大勢で飲んだりするのもホントのこと言うとあんまり好きじゃない。
誘われるままになんとなく和僑会(当時)に行って、そのまま会員になってしまったまではいいけれど……なんだか居心地がいいような、でも実はあんまりよくないような……。

昨年の後半からはいろいろしんどいことが重なって、いっそのこともうやめたろかと思ったことさえも。
そんななか、西尾あっこちゃん(WAOJEクアラルンプール支部会長、A to Z Language Centre校長)から、ホスト国としてクアラルンプールで「第4回 WAOJE アセアン大会」を開くと聞き、協力要請も受けたのですが、デイジー、それはもう全力で拒否しました!!(爆)

だって、メンバーがビジネスオーナーばっかりで、リーダーシップもあるスゴイ人たち揃いとはいえ、イベントなんてつくったことない素人集団だよ?
しかも、参加費めちゃ高いんだよ?? (WAOJE支部会員USD350、非会員USD470!!)
職業=編集者&プロデューサーのデイジー、一応イベントつくるのはプロだからね?
プロの仕事期待されながら、ノーギャラでしかもおんぶに抱っこは困るんだよ??

やらなくちゃいけないことの多さを考えただけでもゾッとしたし(知らないってある意味ステキなこと)、当時はいろんなことに翻弄されていて、そんなパワーがまったく残っていませんでした。
しかも、直前の準備で忙しい3〜4月に3週間も日本にいるとあっては、動きたくても動けない。
ただし、ココ一番での代打出場の可能性はあるだろうから、そこだけはきっちり仕事をしようと、決めていたのでした……。

代打の機会?
ええ、もちろん絶体絶命のピンチでまわってきましたとも!(笑)
なかなかのクリーンヒットを打ちましたよー!(たぶん)

でもね、デイジーの活躍なんてまるでお話にならないくらい、ほかの人たちの働きがステキすぎて、すごすぎて。
デイジーが自分のことにかまけていた間、中心メンバーはこのことにどれだけ自分の時間を費やしていたのだろうと思います。
イベントをつくった経験はなくても、ホスト国としておもてなしをしようという心意気はホンモノで、まさしくプロのものでしたねえ。

おかげで……先週末、2日間にわたって開催されたイベントは、大成功でした!!
アセアン地域から起業家を中心に140名が集結。
当日飛び込みの人もいたから、実際はもっといたかも……。

いやはやアセアンじゅうから集まったゲストの方々に「最高に楽しかった」というお声をたくさんちょうだいしまして、働きが少なかったくせにうれしかったのなんのって。
メンバー用のグループに投稿された西尾あっこ会長の言葉をそのまま引用すると…

・心づくしのおもてなしが完璧だった
・みんなの優しさと温かさと綿密な準備に感動した
・あんなに完璧な運営、もちろんイベント業者さんに頼んだんですよね? (A: 頼んでませーん)
・マレーシアのことが大好きになった
・ほんとにいいですね、クアラルンプール!
・なんとかこれからマレーシアにも仕事を展開したい
・クアラルンプールWAOJEが羨ましい!!!

週末〜週明けにかけて、FacebookにうざいくらいのWAOJEアセアン大会の模様がタイムラインに流れてきたと思いますが(特にKL在住者)、しかも、メンバー同士のこれまた気持ち悪いくらい褒め称え合うコメントにうんざりしてしまった方もいるかもしれませんが、バックグラウンドには数え切れない汗(冷や汗含む)と涙があったのですよ。
どうか温かく、そして大目に見てくださいませ(笑)。

そんなWAOJEアセアン大会、午前中のメインイベント、マハティール元首相の基調講演の様子は、なんと週明けにYahoo!ニュースにもなりましたよ!!
【マレーシア】中国投資加速は不健康な状態、マハティール氏

姿勢といい、オーラといい、1時間立ちっぱなしで講演できる体力といい、何より明晰な頭脳といい、91歳とは思えないまさにスーパーおじいちゃんでした。
マハティール氏は、1981年に欧米ではなく、日本の発展に見習おうという「ルック・イースト政策」を唱え、マレーシアでは最長の22年間もの間、首相を務め上げた人物。
1997年のアジア通貨危機の際は、マレーシアリンギットを救った功績などからも、マレーシア人の間でもいまだに慕われています。
そんなマハティールさんの生の声が聞けるなんて、めったにない貴重な機会でした。

講演が終わったらすぐにお帰りになる予定が……そこはいかにもマレーシア??
マハティールさんも、参加者と一緒のレストランで昼食をとることになりました!!!
残念ながらデイジーはランチをかき込んだあとすぐに会場に戻ったため、これ1枚の撮影となりましたが、マハティールさんはツーショットのリクエストにも笑顔で応えてくれたそうで、ものすごいサービスっぷりにみなさん喜んだり驚嘆したり。

午後のビジネスコンペでは、残念ながら賞は逃しちゃったけど、めちゃ楽しいプランができました(実際大ウケだったし)!
初めて会った人たちばかりのグループでしたが、どのテーブル席もすごく盛り上がって、とっても心地いい一体感を味わうことができました。

ディナーのマレーとチャイニーズをミックスしたコース料理(しかし、ニョニャ料理とは若干違ったような……)は、おいしいととても評判でした!
世界一安く高級ホテルに泊まれるクアラルンプールとあって、参加者のみなさんから会場となったホテルの評判も非常によかったです。
(確かに同じ予算でシンガポールで開催したら……と思わずにはいられません)

お楽しみの夜の大交流会では、KL在住者にはおなじみのJ&P Magic Houseによるマジックショーもありました♪

外から来たゲストたちの驚いたり喜んだりする顔のを見るのが、とっても楽しかったです♡
マレーシアにも質の高いエンタテインメント(しかも日本人による!)があることに、とても誇らしいキモチに。

マジックショーの最後には5月の生まれの人をお祝いするサプライズも!!!
ひとつ年を取ったばかりのデイジーも壇上に上がりました(//∇//)

最後にKLメンバー全員で壇上に上がり、ごあいさつ。
そして、〆はあっこ会長のビール一気飲み…((((;゚Д゚))))

たくさんの温かい声援と拍手をいただいて、目にいっぱい涙をためていたメンバーも。
本当におつかれさまでした。
特に本番の2日間でサイコーのチームになったと思う!!!

改めて思ったのは、自分は何もしないで外野から文句言うのはいちばん簡単なんだけど、いちばんかっこ悪いなということ(←今回のデイジーのこと)。
名刺交換なんて相変わらず全然好きじゃないけど、フタをあけてみたらいろんな人とつながって……もうアジアのどこに行っても誰かコンタクトできる人がいるって本当にスゴイこと。

それぞれの地域で、がんばってる日本人がいる。
そのことを肌で感じて、とても勇気付けられました。

参加してくださった方たちはそれぞれにものすごい個性とエネルギーの持ち主ばかりだったけど、日常はそれなりにつらいこともいっぱいあると思うんだよね。
うまくいくことばっかりじゃない。
恥をかくことも、かっこ悪いことも、たくさんあると思う。
むしろそんなことばかりかも。
それでも、失敗することを怖がってチャレンジしない人よりも、どれだけかっこいいことか!

またいつかどこかでWAOJE!!
それまでお互い元気にがんばろうJE☆

気がつけば、クアラルンプールにも頼れる同士がいっぱい。
外国にいながらそういう環境にいられるって、なんて幸せなことだろう。
デイジーができること、得意なことで、みんなに貢献したいなあと、WAOJEアセアン大会を終えて思ったのでした。

受付嬢(40代だけどw)として、朝5時に起きて帰宅する22時半まで着つづけた着物。
最後まで着崩れなかったのには、着付けの腕前上がったかなあとひとり自画自賛。

うむ、完全寝不足の2日間、我ながらがんばったー。
しかしこの間、東京の仕事は完全にストップ。
入稿前なのにデザイナーさんたちをさんざんお待たせしてしまったのでした(´Д`)
ほんっっっとごめんなさい&いっつもありがとうございます!!!

※写真を撮る余裕がほとんどなかったため、WAOJEアセアン大会公式カメラマンTetzさんをはじめとする、他の方のスナップを拝借させていただいております。あしからずご了承くださいませ(不都合がある方は、個別にご連絡ください!)。