美味しいジョホールバル♥JBよしこが、ジョホールバルでの日々の食事やレストランをご紹介。

2016/10/20

今JBでイチオシのモダン西洋料理店

急速にレストランのレベルが上がっているジョホールバルですが、日本人の感覚からすると、それでもまだまだ質の高い料理が食べられるお店は少ない状況。
そんな中、「これは期待できそう」というレストランがありました。
シンガポールで修行した中華系マレー人のシェフが、仲間たちと作ったレストラン。
世界一に何度も輝いたデンマークのレストラン「ノーマ」からインスピレーションを受けているようです。
1年ちょっと前にオープンしてからずっと気になってはいましたが、夜のみの営業なので、子連れではなかなか行けず。

そんな中、友人がお店に確認をとってくれて、子供もOKとのこと。
グルメな友人達と伺いました。

場所はイミグレからほど近く。
シティエリアのショップロットにあります。

sprout (4)

テーブル席のほかに、カウンターもあり、キッチンの様子がよく見える感じ。
2-3人で行くなら、カウンター席が楽しそうです。

sprout (12)

メニューはアラカルトとコース料理。
定期的に変わるとのこと。
コースだと、アミューズが出て、それから前菜とメインとデザートが1品ずつ選べる内容。
メインディッシュの種類によって、コース全体の価格が異なります。
鶏のコースだとRM108(約¥2700)、鴨だとRM140(約¥3500)など。

sprout (13)

ドリンクは、ボトルワインとビール、シードル、ソーダ、コーヒー、紅茶。
グラスワインはありません。
種類はあまり多くなく、厳選されている印象。

sprout (14)

本日のアミューズは、グリーンピースのピューレや、レバーペーストとチーズのスナックなど、味わいが深くてお酒がすすみそう。
料理への期待がふくらみます。

sprout (5) sprout (1)

野菜の前菜。

sprout (3)

これはビーツとラディッシュに、くるみとオレンジビネガー、クルミのコンビネーション。
甘めの味付けだそう。

sprout (6)

アスパラとうずらの卵。
キヌアが、茹でたものと、おせんべいのようにパリパリになったものと2種類。
パルミジャーノも、削ったものとエスプーマ状のものと2種類。
シンプルだけど複雑な味わいでおいしい!

次にメインディッシュ。

sprout (7)

私は豚肉を選びました。
24時間かけて真空調理をした豚肉と、じゃがいものケーキ。
スモークしたほろ苦い茄子のピューレと、アップルビネガーの甘さが絶妙。

sprout (8)

鴨のお料理。

sprout (10)

魚と海老のグリルに、おちょこでソースが添えられます。

そして最後のデザート。

sprout (11)

キャラメルポップコーンのサクサク、まったりしたチョコレートと酸味のきいたパッションフルーツのムース。

sprout (9)

バナナケーキにローストしたバナナ。
ピーナツバターの濃厚なムースに、バナナのアイス。

素材の組み合わせ方も盛り付けの美しさも素晴らしく、味もとてもおいしかったです。
スタッフの方もフレンドリーで丁寧。
混沌としたジョホールバルにいるのを忘れるくらい。

ちなみに、アラカルトメニューはありますが、1皿で簡単に食べられるパスタや、パンなどのメニューはありません。
もし、コース料理を食べられないお子様連れの場合、お腹を満たしてから来た方がいいかも。
ウチの幼児には、スナックのメニューの中から、ベビーイカを注文してみました。
別添えのソースは、スパイシーミントアイオリソース。
これが、少し辛めですっごく美味しかった。
レシピを知りたいくらいでした。

sprout (2)

今現在、ジョホールバルでイチオシの西洋料理店です。
他のグルメな友人達も皆同意。

もしも旅行に来て、アジアご飯にも少し飽きたときは、ぜひ訪れてみてくださいね。

SPROUT
61, Jalan Tebrau, Johor Bahru, Malaysia
Tel: +60 11-2181 6118
Hours: 6:00pm – 10:00pm
https://www.facebook.com/pg/sproutjb/

※席に限りがあるので、予約した方がよいと思います。