マレーシア・インターナショナルスクールのサマーキャンプ募集中!

【ネクサス】学校創立から校長を務めるデイヴィッド・グリフィスズ先生にインタビューしました!

Q1 デイヴィッド先生のキャリアを教えてください!

私がイギリスで教師になったのは1992年で、今から30年近く前のことです。
私は科学を専門とする小学校の教師でした。
数年間イギリスで教えたあと、教師でもある妻と一緒に海外に移住しました。
これまでに4カ国で教えた経験があり、20年近くインターナショナルスクールのシニアリーダーを務めてきました。

Q2 Nexusに来たきっかけは何ですか?

以前、ネクサスと同じテイラーズ・エデュケーション・グループのガーデンインターナショナルスクールのクアンタン校(現在は閉校)で、校長として働いていたことがあるんです。
2007年に、テイラーズグループがワクワクするような新しいブランドを追加したいと考え、私に声をかけてくれました。
それがネクサスの誕生だったのです。

Q3 マレーシアにどのぐらい在住していますか?

現在までで16年間マレーシアに在住しています。

Q4 ご自身が小中学生の頃、どんな子どもでしたか?

私は小学校が大好きでした。
私はとてもスポーティで、サッカーチームのキャプテンを務めていました。

当時のイギリスでは、中等学校はかなり選別されていて、よりアカデミックな中等学校に入るためには試験を受けなければなりませんでした。

私は試験に合格して、地元のグラマースクール(イギリスの公立の進学校)に行きました。
私はいつも、小学校での学習への熱意を再現したいと思っていましたし、学業面での成果に加えて、学習への熱意が育まれるようにしたいと思っていました。
ネクサスにはそれがあると信じています。

Q5 小中学生の頃、どんな教科が得意でしたか?

私の得意科目はサイエンスとPEです。

Q6 趣味はなんでしょうか。休日は何をしていますか?

50歳を過ぎた今、私はサッカーをするのではなく、テレビで見るだけにしています。
私は生涯マンチェスター・シティのサポーターです。
学ぶことが大好きで、昨年、教育とリーダーシップの修士課程を修了しました。
私はまた、家族がとても大切なので、仕事以外の時間はできるだけ家族と一緒に過ごしたいと思っています。

Q7 日本に行ったことはありますか?日本や日本人のイメージは?

はい、日本には何度か行ったことがあります。
日本でのスキーはとても楽しかったですし、私が知っている日本人はとても礼儀正しくてフレンドリーです。
また、日本の子供たちがクラスで責任を持って片付けをすることや、ワールドカップの時に日本のサッカーファンがスタジアムを掃除していたことを思い出しました。

Q8 デイヴィッド先生は、2007年からネクサスで勤務していらっしゃいますね。
なぜ、そんなに長くネクサスで教師をされているのですか?
一般的に、特に欧米から来る外国人の先生は、2〜3年のうちに次の学校や国へ移られると思うのですが。

私はネクサスとの強い絆を感じており、私たちが提供しているものは非常にユニークなものだと信じています。
他の多くの先生もこの考えを共有しており、実際にネクサスでは外国人講師の退職率が比較的低いです。

ネクサスでは、教師と指導者志望者のための強力な専門学習プログラムを用意しています。
教師は自分のキャリア開発と進歩のためのパスウェイを見ることができます。

ネクサスのキャッチフレーズは「多様性を受け入れ、心に挑戦する」であり、これは教師と学習者にも当てはまります。

私たちは、すべての教師が学び続けることに挑戦しており、私たちの学校に留まり、成長していきたいと考えています。

Q9 ネクサスのどんなところが好きですか?
他のインターナショナルスクールと比べてネクサスがより良いと感じるところはどんなことですか?

ネクサスは特別な学校です。

イノベーション(革新)、インクルージョン(包括)、リレーションシップ(関係)、マインドセット(心の持ち方)の要素からなるネクサスの教育方針は、私たちがするべきこと、その理由を指し示しています。


私たちのウェブサイトをご覧になれば、その詳細を知ることができます。
また、一貫して優れた成績を収めており、これは卒業生が世界のどの場所のどんな大学にも入学することができるほどの素晴らしい成績です。


今年は、平均35.9点という、マレーシアのIBスクールの中でもトップクラスの成績を収めることができました。

また、学業面だけでなく、牧歌的、個人的、国際的な学習と進歩を提供しています。
Council of International Schools (CIS)、IB、IPC (Mastering level)、Federation of British International Schools in Asia (FOBISIA)のメンバーであることなど、多くの外部機関から認定されています。

当校は、アップル社から3回にわたりディスティングイッシュトスクール賞を受賞しており、マレーシア教育省からは5つ星を獲得しています。 

Q10 英語が苦手な生徒をどのようにサポートしていますか?

ネクサスのすべての教師は、メインストリームクラスで追加言語としての英語を教えることができるようにトレーニングを受けています。
多くの教師はNASSEA(Northern Association of Support Services for Equality and Achievement)を通じてトレーニングを受けています。

また、英語の基礎レベルが非常に低い生徒のために、少人数の集中的なグループで学習者の言語発達をサポートする集中英語プログラムを提供しています。

Q11 いじめにはどのように対応していますか?

ネクサスは行動に対して非常に高い期待を持っています。
つまり、子どもたちが生涯にわたってスキルを身につけられるように、積極的に行動し、問題解決を教えることに多くの時間を割いています。

私たちはすべての教師を対象に、修復練習の方法をトレーニングしています。
これには、子どもを怒鳴ったり、辱めたりすることを避け、代わりに問題を解決し、学習者が過ちから学んだように、問題行動を繰り返さないように、関係者全員と深く話し合うことが含まれます。

Q12 特定の科目について、クラスはレベル別に分かれていますか?

ネクサスでは、すべての学習者が可能な限り、最高の学力向上を実現するために必要なレベルで挑戦を受けられるようにしています。

これは、能力別にグループ分けされることもあれば、混合クラスになることもあることを意味しています。

ネクサスでの学習は非常に個別化されたプロセスであり、過去の「習熟度」は学習者を指導する際に考慮される要素の一つに過ぎません。

Q13 最後に、ネクサスに興味を持った方々に何かメッセージをお願いします。

みなさん、私の説明がすべてではありません。
バーチャルでも対面でも、お気軽に学校見学にご参加ください。
みなさまとお子様が、このユニークな学校へお越しになることを心よりお待ちしております。