クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2013/04/16

うれしい再会

先週に引き続き、再び東京に来ているデイジーですっ\(^▽^)/

一昨日は都内のスタジオで撮影後、何年ぶりかに小田急線に揺られて伊勢原へ。
ここは私が生まれ育った町の隣町で、その昔、隣に住んでいたおじさんとおばさんが住んでいるのです。
デイジーにとっては親戚よりも近い存在で、子どもの頃さんざん世話になった人たち。

久しぶりにおじさん、おばさんの顔が見たかったのと、普段はマレーシアにいるデイジーに代わってうちの両親を支えてくれているお礼が言いたかったのですが、なんというかものすごくもてなされてしまい……(;^_^A)、うっかりというか、しっかり堪能させていただきました\(^▽^)/

おばさんは「娘が帰ってきた」と大喜びで迎えてくれ(デイジーの幼なじみである実の娘は、仙台と静岡にいます)、ごちそうを用意し、お風呂を沸かして待っていてくれました。

マレーシアではシャワー生活(わが家にはバスタブがありませーん!)のデイジーにとっては、お風呂は何よりのごちそう!!
その昔、幼なじみと一緒に入ったお風呂を懐かしく思いながら、あったか〜いお湯を堪能しました。
そして、お風呂から上がってみると、なんとそこに幼なじみのYが!!

Yはおじさんとおばさんの娘ではないのですが、今も私が住んでいたエリアに家族とともに暮らしています。
彼女の娘が生まれたとき以来だから、実に13年ぶりの再会でしたっ!!
おばさんの何とも粋でうれしいサプライズ!!

Yの近況や、生まれ育った町の現在の様子を聞いたり、昔話をしたり。
今はどんどん宅地化が進んでいるようですが、デイジーの子どもの頃は、遊びにうってつけの空き地や、うっそうと木々が生い茂る谷、緑いっぱいの古墳(←どんな田舎だあw)などの遊び場がたくさんあって、ホントに恵まれていたんだなあ……と実感。

翻ってわが家の子どもたちは……ともすると、涼しくて人工的な遊び場に足を向けがち。
マレーシアでも、もうちょっと自然となかよく遊ぼうと思ったのでした。

すっかり調子にのり、おばさんの手料理とワインをしこたま楽しんだおかげで、翌朝は二日酔いのまま再び都内へ( ̄▽ ̄;)
一年前に起業して、ずっと「おめでとう」を言いたかった友人たちと再会ランチを楽しみ、会わぬ間にたまった話を機関銃のように話しまくり、笑い、エナジーチャージ。
友人たちの事務所を冷やかしたあとは、渋谷の街と本屋をぶらぶらして、徳島で待つ子どもたちに手みやげを買ったり。

そして、夜は高校の同級生Kと六本木でごはん。
ひと足先に年を重ねたKを祝ったのでした♪

Kと別れたあとは、ひとり後楽園へ向かい、初ラクーア
東京温泉しっかり楽しみました♪
まあ、要は昨日は完全オフだったってことですね〜\(^▽^)/

今朝は再び撮影スタジオ入りしてます。
夕方まで働いたら、ごまたろうと子どもたち、ジジ&ババ×2、それから東京から遊びに来ているワクワク裏方スタッフのSとTが待つ徳島に帰りマス!

それぞれ短時間ではあるけれど、大好きな友だちにたくさん会えて、ココロホクホク。
実は明日も友だち一家が、徳島の実家を訪ねて来てくれます♪

友だちってやっぱりいいなあ。
デイジーの野望は、アジアにあったかいネットワークを構築すること!
今住んでる人も、あとから来る人も、気持ちよく暮らせるネットワークをつくりたいなあと。

いろいろバタついてますが、少しずつではありますが、準備を進めていますよ〜!
どうぞご期待くださいっ!!
 
 

写真

うれしい再会が、もうひとつ。
デイジーが小学生〜中学生のとき、ほぼ毎月通っていた本屋さんがまだ伊勢原にありましたっ!
もう30年くらい前の話になります(〃ω〃)
『チョコレート工場の秘密』とか『大地の子エイラ』とか、店のおばさんがすすめてくれる本を、むさぼり読んでいた時代でした♪
この本屋さんに出会わなかったら、デイジーが編集者を志すことはなかったかもしれないなあ……としみじみ。

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための各種視察ツアー&サポートサービスはこちらからどうぞ!


page top