クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2015/05/02

日本非居住者のための、帰国時・免税お買い物指南♪

GWですねっ!(マレーシアも実は何気に4連休です)
さて、そんななか日本に一時帰国中の方も多いと思います♪
以前ちらっとブログに書いたんですが、昨年秋より日本非居住者は日本国内で買い物すると、外国人同様、消費税免税の恩恵を受けられることになりました\(^▽^)/
これは利用しない手はありません!

ちなみに「日本国非居住者」とは、国税庁ウェブサイトによりますと……
「居住者」とは日本国内に「住所」があり、または、現在まで引き続いて1年以上「居所」がある個人をいい、「非居住者」とは「居住者」以外の個人のこと
なのだそうです。

免税の対象商品はこちら♪

【一般物品】
家電、靴、バッグ、服、時計、宝飾品、民芸品など
・ひとりの非居住者が同じ店舗において、同日に1万円以上の買い物をすると、消費税が免除に\(^▽^)/

【消耗品】
食品、化粧品、お酒、医薬品など
・ひとりの非居住者が同じ店舗において同日に5000円以上50万円以下の買い物をすると、消費税が免除に\(^▽^)/
・ただし、購入した日から30 日以内に出国する旨を誓約しなければなりません。
・日本国内にいる間に消費できないよう、指定された方法によって包装されます(出国するまで開封できません)。
 

それでは、実際のお買い物方法です♪
手続き自体は簡単ですが(お店の人の作業はめんどくさそう)、免税カウンターが混んでいることもよくあるので、時間にゆとりをもって行動しましょう♪

STEP1
デパートや家電量販店など、「免税店」の指定を受けたお店でお買い物をします♪

一般物品→合計1万円以上
消耗品→合計5000円以上50万円以下
でしたねっ。

STEP2
お会計時に「非居住者なので、免税で買い物をしたい」と伝えましょう

・各売り場でお会計→免税カウンターで免税手続き
・売り場ではなく、直接免税カウンターでお会計&免税手続き
と2パターンあるので、必ず売り場で聞いてください。
ほとんどの場合が前者ですが、たまに後者のこともあるのでご注意!

STEP3
免税手続きには「パスポート」が必要です! 忘れると手続きできません!!

・入国日の確認を受けます。
・お店の人が書類作成後、購入者誓約書にサインします。
・商品と購入記録票(お店の人がパスポートにホチキス留めしてくれます)を受け取ります。

STEP4
空港の税関カウンターで書類を提出します!

・パスポートに添付された購入記録票を、空港の税関カウンターに提出すればすべての手続き完了です! 羽田空港の場合、税関カウンターは出国手続きをしたあと、手荷物検査場に進む手前にあります♪

詳しくは、「Japan Tax-free Shop」のウェブサイトをチェックしてくださいね♪

 

th_IMG_1321

デイジーが愛してやまない浅草橋のシモジマ
もともとは包装資材や紙袋など、店舗のための問屋さんなんですが、文房具からキッチン用品、お菓子、民芸品まですごい品揃えで、なんというか……雰囲気・価格ともに東急ハンズ下町版!? みたいな感じなのです(笑)

久しぶりに足を運んだら、シモジマにまで免税カウンターが出現していることにめちゃ感動!!
ミニチュアこいのぼりなど、日本らしい季節の飾り物なんかも手頃な値段で手に入るので、日本みやげ調達にもオススメですよー!
 

※読者さんからの質問で追記
AEONといったスーパーも免税店を拡大させているようです。
調味料とかお米とか(お酒とか)買っていると、すぐに5000円以上になっちゃうからこれはうれしいですね♪

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための各種視察ツアー&サポートサービスはこちらからどうぞ!


page top