マレーシア・インターナショナルスクールのサマーキャンプ募集中!

【速報】今年、エプソムから東大合格者が出ましたよ!

今日、エプソムからうれしい連絡がありました!
日本語レターも届いたので、シェアしたいと思います。

特に今年 2020 年卒業のエプソムの生徒達は非常に優秀で、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校、スタンフォード大学、イギリスのキングス・カレッジ・ロンドン、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、そしてケンブリッジなどの名門校への入学許可を得る事ができました。さらに、今年の生徒達の目は東の方へも向き、東京大学が彼らの進学先リストに加わりました。

東京大学はアジアの中でも最もランクの高い大学の一つであるのは明らかで、入学の競争も激しくなってきております。入学には小論文や学術委員会での面接など厳格なプロセスがあり、我々はエプソムが東京大学 2020-21 年度入学のグループに仲間入りできたことを非常に誇りに思い、また期待を膨らませております。

エプソムは進学はどうですか?
という質問をよくいただくのですが、この通りかなりいい結果が出ていると思います。

※2021年1月14日追記
東大に合格したのは、日本人ではなくイギリス人の生徒です。
本ブログを書いた時点では、生徒の国籍が明らかではなかったため、国籍には触れずに記事にしております。

その後、学校に照会し、イギリス人生徒と判明したあとは、「イギリス人ですが、東大に入った子がいます」というご説明をさせていただいております。

一部「日本人のことだと誤解してしまった」という方がいらっしゃいましたので、追記いたします。
エプソムに進学のためのサポート環境が整っていることは、事実だと思います!

ちなみにケンブリッジ大学の場合、ある学部は2000人の入学希望者がいて合格者はなんと20人という狭き門なんだそうです!!!

もちろん当人たちのがんばりがいちばん大きいのですが、エプソムにはそれをサポートする環境が整っていると思いますよ!

実は今朝も、ある留学生のお母さんからメッセージをいただいたところなんです。

「学校で、デジタルミュージックとPythonとプログラミングのベーシックを授業でしっかり学べる環境は、はっきり言って日本の学校ではないですね。エプソムの最先端教育を取り入れるセンスに惚れています」

そんなエプソムの教育の魅力を体感していただける学校説明会は、残り4席となりました!!(Year7以降のシニアのみ、プレップはキャンセル待ち)

イベント当日はオンラインルームを設け、デイジーとエプソムの日本人スタッフ雅子さんと気軽におしゃべりしていただけるので、ぜひみなさまのご参加をお待ちしています。

ハーフタームも終盤。
明日エプソムの単身留学生たちが帰寮します。
通常授業が再開されることを願いつつ、おなかいっぱい食べさせてから送り出します!