ごまたろうのマレーシア子育て絵日記 子どもと犬との日常を、クアラルンプール在住のグラフィックデザイナーがユル~くメモります。仕事がなければただの主夫、ごまたろうです。妻とちっちゃい息子2人、犬2頭で日本からマレーシアにやってきました。へなちょこイラストつきでお届けします。ごまたろう:東京都生まれ。東京でエディトリアルデザインを中心に活動。東日本大震災後、徳島に移住。さらに2012年12月よりクアラルンプールに移住。家族は、妻デイジー、長男たろう(5歳)、次男じろう(2歳)のほか、プチ・バセット・グリフォン・バンデーン(犬種名長すぎ)のトリコ♀、マルコ♂夫妻とその子どものペコ♀、ポコ♂。

2017/09/26

北海道 2017夏 動物たち

ちょいと前になりますが、北海道に行ってきました。
デイジーの仕事にくっつけて家族でキャンプ&温泉ツアー。
たろうとじろうは初キャンプだけどイキナリテント4泊とか、大丈夫? とおもったら
意外と楽しく過ごしておりましたよ。子どもは順応力ありますなー。

アウトドア活動や食も最高の北海道でしたが、特に動物にやられました。
最初は「のぼりべつクマ牧場」。
失礼ながらしょぼいんじゃないのー? と勝手な予断で時間なきゃスルーくらいな。
デイジー仕事関係でご一緒することになったお友達が、
「何いってるんすか? クマですよクマ! 最高ですよ絶対行きましょう!」
ということもあり、ロープウェイで山のてっぺんの牧場に。

人かよ! 中に人間入ってるだろ! くらいな。
バッチこいやーみたいにクマが待っていて、口でキャッチがみんな異様にうまい。
来てよかった。最高。クマってこんなに愛嬌あったのね。。
ガラス越しに間近でにんじんを食べさせる施設もあり、そちらは迫力満点。
クマたちがAKB扱いでアイドル化の演出も手伝ってスゲー楽しい。

旭川の「旭山動物園」にも行きました。
ここは間近で見られるよう観客に向かってエリアが伸びていたり、
上から立体的に見下ろせたりなど、展示法に工夫があり飽きません。
ウチに刺さったのはサルですね。

「てながざる館」でシロテナガザルがおまえスパイダーマンかよくらい、
超絶スゴイ動きでウンテイや柱を動き回っておりました。檻の編み目がない展示なのでよく見える。
ここだけでサーカス見たくらいの満足感が。
高さ14メートルのてっぺんでボス猿がブランコ的動きを始めて、、

美しい放物線を描いてウ◯コが落ちていきましたw みなさん大ウケ。
係員さんに聞くと、向かいに「おらんうーたん館」があり、そちらを威嚇するためだと。
距離をものともせず、加速をつけて少しでも相手にウ◯コをあびせようという野生の執念を感じました。
そちらのおらんうーたんの子どもが、ゆっくり空中綱渡りを始めたのでながめておりました。

えええ! うんていみたいにするんじゃないんかい! 手足の区別は!
こちらも異次元の動きが楽しかったです。

この2つの施設、北海道来たら絶対行ったほうがいいですよ。
激オススメ。