美味しいジョホールバル♥
美味しいジョホールバル♥
2021/11/23

マレーシアのセレブリティシェフ、Adu氏インタビュー

先日、マレーシアのローカルテレビ番組の収録に参加させていただきました。

それは、セレブリティシェフのAdu Amran氏がマレーシア中を巡るという旅番組。

「Passport Global」という全13回放映される番組で、2022年からスタートする予定です。

シェフAduと製作チームがジョホールのリゾート地、デサルコーストの収録に訪れた際にお会いして、そこで、クアラルンプールにある彼のレストラン「Adu Sugar」での再会を約束。

マングローブ林の中でボートに乗っての撮影でした!

そしてそれから3週間後、「Adu Sugar」レストランに伺い、今回のインタビューが実現しました!

2011年から2014年まで、マスターシェフという、日本でいうと「料理の鉄人」的な番組での審査員を務めたシェフAdu氏は、マレーシアで広く、セレブリティシェフとして知られています。

彼の経歴は面白い。

ジョホール州のクルアンで生まれ、子供の頃には、料理に興味なんてありませんでした。

他の子供と同じように、食材を自由に組み合わせ、変わったものを作って想像力を働かせ、楽しんでいただけです。

20歳からダンサーとしてキャリアをスタートしましたが、お金がないので自炊をする日々。

母にレシピを聞きながら料理をするうちに、友人に料理の腕を認められます。

その後、憧れていたアートパフォーマンス界の国宝である、Dato’ Ramli Ibrahim氏に料理をふるまう機会がやってきました。

食事の最後にDato‘Ramli氏は、「君はシェフになるべきだと思う。」と言い、それをきっかけに西洋料理を学ぶ料理学校に入学しました。

 1996年にランカウイ島で3年間、自分のレストランを経営した後、新たなチャンスがやってきました。

26歳のときにレストランを売却し、意気揚々とロンドンに移り住みます。

成功することしか頭になかったAdu氏ですが、物価の高さには想像以上だったといいます。

その中でも、居抜き物件をみつけ、中古の家具や厨房機器を探し、5テーブルと地下の厨房でスタ―トしたレストランChampor-champor London(ミックスミックスという意味)。

たった2万ポンドでオープンできたのは前代未聞のことだそう。

マレーシアと西洋料理をミックスさせたヒュージョン料理、モダンマレーシア料理の小さなレストランは評判を呼び、2か月後には毎晩予約でいっぱいになり、2年後には店を拡張しました。

成功したとはいえ、最高のパフォーマンスを求め続け、限界への挑戦をしているうちに、消耗していきます。

そして再度店を売却する決断をしました。

売却後にはその後に何をするか決めていませんでしたが、また幸運が舞い込み、2011年の11月から、マレーシアでのマスターシェフの仕事が舞い込んだのです。

番組がきっかけで、多くのマレーシア人に認知されるようになると、その後マレーシアで2015年から再度レストランをスタートし、現在 Adu Sugarという名前でマレーシアレストランを営業しています。

Adu Sugar では、基本のマレーシア料理に立ち返ったコンセプトの料理を提供しています。

昔ながらの料理はシンプルですが、近道をすると正しい味にならない。

だから、新鮮な材料を使うこと、ソース類は一から味を作り上げていくこと、それらのことを忠実に守り、本当においしいマレーシア料理を追及しています。

「マレーシアは文化のるつぼ。フュージョン・フードはここで生まれました。それをマレーシア料理と呼ぶのはちょうどいい。中国料理とは何か、インド料理とは何か、知識として知っておくのは良いことです。そうすることで、両者を分けて考えることができますし、また、統一することもできます。フュージョン・シェフを名乗る前には、あるものを古典的な方法で調理する方法を知っておく必要があります。そして、その国の文化と食の関係性をよく学び理解することが重要です。」

8人兄弟のうち4人が料理の仕事をしているというAdu氏のファミリー。

彼のお店Adu Sugarも、兄弟でチームを組み運営しているからこそ、クオリティコントロールがうまくいっているのでしょう。

Adu Sugar は、クアラルンプールのバンサー地区のショップロット2階にあります。

外観からはレストランだとわからないくらいシンプルで、通り過ぎてしまいそう。

階段を上がっていくと、そこは別世界が広がります。

美しい壁画、さまざまなものがミックスされたインテリア、テーブルのコーナーによって、雰囲気が異なり、とても美しいところです。

この壁画はすべてAdu氏が描いたもので、オリエンタルなクッションは妹のお手製だそう。

多才さに驚きます。

料理は、基本を忠実に守ったオリジナルのマレー料理。いただいたのは、

鴨胸肉のグリル、ドライロンガンレッドカレーソース、牛肉のレンダン(甘辛くじっくりと牛肉を煮たマレーシアのオーソドックスな料理)、ヤングジャックフルーツのレンダン、ラクサジョホール(魚のミートソース麺。麺はスパゲティを使うのが特色。ジョホール州の名物)、アジアンハーブライス、オクラとクリスピーパガガのフライ(パガガとは香りのよいマレーシアのハーブ)です。

それぞれの料理からたちのぼるハーブやスパイスの香り、辛すぎず、甘すぎず、しょっぱすぎず、絶妙な味わい。

鴨胸肉のローストをカレーソースで合わせた料理ははじめていただきました。

鴨胸肉のグリル、ドライロンガンレッドカレーソース

ジャックフルーツの熟する前の果実を煮込むと、まるでアーティチョークの食感とそっくりなことに驚きました。

ヤングジャックフルーツのレンダン

何年もいろいろなマレー料理を食べていますが、これまで食べた中でベストなおいしさと言えます。

奇をてらっていないオーソドックスな料理なのに、どれもとても繊細でエレガント。

ラクサジョホール
牛肉のレンダン とアジアンハーブライス
オクラとクリスピーパガガのフライ

今まで食べてきたマレー料理は、辛すぎたり、ガツンと重いイメージのものが多かったので、この繊細さは意外でした。

「新しい味付けを追及しつづけることは、ともすると、新しいだけで、味わいにとってプラスにならない組み合わせを生んでしまうことがある。

そしてそういうことが重なると、自分にストレスとして返ってくる。基本の調理法をおろそかにせずにおいしさを追及すること。それが、お客にも自分にとっても、喜ばしいことで、ずっと続けることができるのです。」

メニュー全体の約40%はベジタリアンかビーガンです。

また、お店のメニューのすべてはハラルですが、ワインの持ち込みはOKとのこと。

Adu Sugarは、友人と食事や小規模なパーティを楽しむ場所としてだけでなく、日本や海外から友人やお客様がマレーシアにきたときに招待するお店として、とてもよいと思いました。

すべての人に敬意を払うことを大切にするAdu氏の好物は、新鮮なお刺身と日本酒。

テレビの取材で、日本の東北にも訪れたことがあるそう。

異文化や信念を尊重するオープンマインドな性格は、両親のおかげだといいます。

今後は、人々に喜んでもらえる料理を自分自身で作り続けていくこと、大好きな旅を続けること、そして、パントゥン(昔からマレー系の伝統として受け継がれている詩)と食に関する本を書いていきたいとのこと。

これからもAdu氏とAdu Sugarから目が離せません。

すばらしいご縁と出会いに感謝。

Adu Sugar Restaurant

https://www.facebook.com/adusugar.bangsar/

https://www.instagram.com/adu_sugar/

10A First Floor, Lorong Ara Kiri 2, Bansar, 59100, Kuala Lumpur

TEL: +60-11-3981-0881

営業時間: 12pm-4pm, 6pm-10pm 月曜定休

今回の食事についての詳細(Malaysia Review 英語・日本語)

https://www.facebook.com/461270360651540/posts/4137555369689669/

JBよしこ
text by JBよしこ

JBよしこ こと 土屋芳子
東京にてフードコンサルティング会社「ブレインズ・アンド・トラスト株式会社」を経営して17年。2014年からジョホールバルに母子で移り住み、会社「B&T DIVERSITY SDN. BHD」を設立。現在は現地ネットワークを構築しつつ、ハラルマーケティングリサーチ(アンケート、サンプルテスト、座談会、商品開発など)、企業視察コーディネイト、イベント企画、フードコンサルティング、広告宣伝業務を手がける。Facebookページ「マレーシアレビュー」では、1記事あたりの読者は最高24万人。フォロアーのうち75%以上がマレーシア人、16%がシンガポール人。日本の物、事、すばらしさを、マレーシアの人々にPRするお手伝いができます。 ジョホールバルのメディア組織「JOCOM」会員。ロータリ―クラブジョホールバル支部にて講演実績あり。
B&T DIVERSITY SDN. BHD [website]  [facebook]
ブレインズ・アンド・トラスト株式会社 [website]
ジョホールバル移住への道 [facebook]
マレーシアレビュー [facebook]


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための各種視察ツアー&サポートサービスはこちらからどうぞ!


page top