ごまたろうのマレーシア子育て絵日記
ごまたろうのマレーシア子育て絵日記
2013/02/16

犬と公園

前回の犬の散歩の続きです。
さてゲートの外は散歩天国のデサパーク。
マレーシア、赤道直下で犬なんか焼け死んじゃうんでは? 
との印象を僕も以前もってました。
もちろんマレーシアってどこにあんの? ヤシの木以外何かあんの?
という時代の話ですがw。

0216-01

日射しは強いですが日陰は涼しく、
10時〜15時以外はむしろ日本(東京)の夏より犬にやさしい印象。
そして横断歩道の前後にはデコボコ(バンプ)があり、クルマは強制的に減速。
これは住人が多いエリアではよく見ます。歩行者にやさしい。
日本でもっと普及しない理由は何なのか。。
クルマの流れが切れるのを待ってると、止まってくれて
「歩行者どうぞ渡ってね」ということも多いです。

0216-02

公園につくと看板があります。
「最終警告!犬の糞の始末をしないと犬禁止の公園になりますよ!」というもの。
そして看板のお腹に無料のビニールがパタパタひらめいてます。隣にゴミ箱も。
こんなセットが一周600メートルほどの池周回コースに4箇所ほど。ゴミ箱もたくさん。
おかげで散歩バッグをうっかり忘れたときも、無事後始末ができました。

0216-03

マルコのシ○コのあとは、もちろん水をかけてます!
この公園はとにかく毎日掃除・手入れがスゴくて、
日中は利用者よりメンテナンスのスタッフの数の方がはるかに多い。
そういう方たちはほぼマレー人なので、犬が近づかないよう気をつけて散歩。

犬の飼い主は8割中国系、次にインド系?。パグやチン、トイプードルが多い印象。
シベリアンハスキーも以外と人気。大型犬は少ないですが。
プチバセは珍しいようで、よく犬種を聞かれます。

0216-04b

「へー日本から来たんだ。飛行機大変だったんじゃないの?」
みたいな簡単な話をするんですが、
このお散歩トークが僕にはちょうどいい英会話トレーニングになってます。
この公園、徳島時代より犬友が多くてトリコは大喜び。シッポも高々。
あ、トリコさん12歳の誕生日祝いまだでしたね! 
もう過ぎちゃいましたけど。ゴメンよ〜。

ごまたろう
text by ごまたろう

東京都生まれ。東京でエディトリアルデザインを中心に活動。東日本大震災後、徳島に移住。さらに2012年12月よりクアラルンプールに移住。家族は、妻デイジー、長男たろう(7歳)、次男じろう(4歳)のほか、プチ・バセット・グリフォン・バンデーン(犬種名長すぎ)のペコ♀&ポコ♂。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための各種視察ツアー&サポートサービスはこちらからどうぞ!


page top