マレーシア・インターナショナルスクールのサマーキャンプ募集中!

ワン隊お肌のピンチ

基本的にニコニコ元気なワン隊です。
しかし、日本とは環境が異なるマレーシア。
不調になるときもあります。

01

02

03

あるときマルコをなでると、なーんかガサガサなところが。
見るとカサブタっぽくなって血がにじんでたりするのが数カ所も!
ダニまでコンニチハ。
本人は気にしてないけど、慌てて獣医に連れていくことに。

04

病院ではまず原因を探ることから。
患部を削りながら組織を顕微鏡で確認。

05

「猫は飼ってますか?」
「は? 猫? 飼ってはいませんが野良猫が庭をうろついてます。」
「それだ!」
どうやら猫特有の皮膚病が移ってしまった様子。
カビ由来だとのことで、飲み薬と薬用シャンプーで治すことになりました。

「他にも犬はいますか?」
「はあ、3頭います。」
「連れてきてください。」

06

07

08

まずトリコをチェックするとマルコほどたくさんないものの、やはりガサガサが。
顕微鏡で調べるとクロ。
ペコとポコはほとんどない様子ではあるが、まとめて全員クロ判定に。。

飲み薬は朝晩カプセルの「半分」分を各1頭に。
こりゃー難易度高いっす。
2カプセルの中身をスライスチーズになすりつける作戦で解決。
薬用シャンプーも各1頭10分間かけて皮膚になじませる高難易度。
刺激も強いシャンプーなので、手袋つけての作業です。
これを週1で4頭洗う。。。
1日おきに1頭の犬を洗う勘定ですね。

09

今は、苦労が実ってだいぶ良くなってきました。