クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2018/09/04

デイジー in カンボジア 〜世界の日本人起業家400名がプノンペンに集結!!〜

先週末、マレーシアの61回目の独立記念日の連休を利用して、カンボジアの首都・プノンペンに行ってきました。

WAOJEグローバルベンチャーフォーラムという、アジアを中心に世界で活躍する日本人起業家が400名も集結する一大イベントに参加するためです。
KLからはわずか2時間のフライトなので、国内移動感覚ですねw

実は、昨年クアラルンプールでそのアセアン大会がありました。
その模様はこちら。

地球のどこかで“WAOJE(ワオージェ)”!

このときは、マレーシア中の誰一人として首相に返り咲くなんて思っていなかったマハティールさんが登壇(ご本人だって、残りの人生の予定になかったはず!?)。
今回プノンペンに行ったら、やっぱりあちこちでその話題になりました。
あれはすごかった、もはや伝説だって言われて、デイジーもKLメンバーもホクホクでした♪

さて、イベント会場がかなり大きくて立派なリゾートホテルで、どうせデイジーは宿泊しても部屋に寝に帰るだけとわかっていたので……

今回はなんと家族で乗り込みました!!
カンボジアは、アンコールワット以来です!!

KLからエアアジアで片道3000円台!? 世界遺産・アンコールワットの旅【前編】

見て、食べて、買って楽しい! 世界遺産・アンコールワットの旅【後編】

3年半前に行ったシェムリアップは、正直楽しかった思い出しかありません♪
また行きたいなっ(次はできればチビ抜きで)

初めてのメコン川は、カフェオレ色。
クアラ・ルンプール(”泥の川”の意)もビックリの、まさしく泥の川でした。

ホテルにチェックインし、少し休んだあと、イベント会場へ。
こちらのメイン会場のほか、中小4会場もあって、1日5コマ×5会場×2日間で、およそ50のセミナーやパネルディスカッションが行われました((((;゚Д゚)))))))

準備には、それこそ気の遠くなるような時間を要したことと思います。
運営スタッフの数だけ考えても、震え上がります!!

関係者のみなさま、本当におつかれさまでした&ありがとうございました!!

その日の夜は、盛大な開会式が開かれました。

びっくりするほど豪華な食事♪

デイジーは浴衣で参加。
京都から着物屋さんもいらっしゃっていて、一緒に記念撮影しました♪
プロの前で恐れ多いことですが、着付けばかりはこまめにしないとヘタになりますので、練習、練習。

翌日は、朝から真面目にセミナーやパネルディスカッションに参加しました。
マレーシア組のセッションもありましたよ。
タイトルは「政権交代を果たしたマレーシアの今、そしてこれからの展望」。

もちろんデイジーも応援に。
強力な裏番組が控えるなか、なかなかの盛況ぶりでした♪

2日目の夕食はプールサイドで。
どうかクアラルンプールに世界大会の番が回ってきませんように!! と祈らずにはいられないほど、盛大な会でした(笑)。

ところで日頃忙しい起業家たちが、どうしてこんなにもたくさん一堂に集まるのでしょう?
もちろん、それぞれに目的があるからです。
海外で新たな取引先の開拓をする人、パートナーを探す人、海外進出を目論む人……。

デイジーの目的はというと、新しい学びと時代の流れをキャッチすること、かなあ。
自分OSのアップデートが、非常に効率よくできるのですよ。

いろんな方の活躍ぶりに触発され、励まされ、モチベーションもアップします。
思いがけない良き出会いもあり、早速Facebookで繋がって、日本やマレーシアで個別に会う約束をしました。

マーケティングについてのセッションもいくつかあり、大変参考になりました。
向かって左は、「世界各地での圧倒的なブランド創りと売上向上」のセッションでモデレーターを務めた、デイジーのブランディング&マーケティング師匠でコンサルタントの脇田勝利さん

仲間たちと一緒の時間も楽しいのです。
写真は、いつも陽気で気のおけないKL支部のメンバーたち。
ただ今、メンバー募集中ですよ!!

丸2日間で合計10ものセッションに参加して、デイジーの脳ミソが完全にキャパオーバーになったところで、フィナーレを迎えました。
ところで豪華だったのは、会場やプログラムや食事だけではありません!

メイン司会は、アナウンサーの有働由美子さんでした♪
顔が小さくて笑顔が素敵♡

みんな(特におじさま方)がすごい勢いで有働さんとのツーショットを撮るなか、デイジー的には絶対にツーショットを撮りたい人がいました!!
それがこの方!!!

映画監督の佐々木芽生監督!!

今回のプログラムに、『おクジラさまふたつの正義の物語』の上映会とトークショーがあったのです!

デイジーがなぜ佐々木監督を知ってるかと言えば、それはもうこの映画ですよ!!

数年前に、世界中で大ヒットしたドキュメンタリー映画です。
残念ながら2作目は観ていないのですが、1作目は東京出張中に映画館で観て大ファンに♪

とにかく愛嬌たっぷりのハーブとドロシー夫妻もステキなのですが、こんなユニークな視点でドキュメンタリーを撮れる日本人作家が海外で活躍していると知って、尊敬の念とともにとても誇らしい気持ちが湧き上がったことを覚えています。
まさかその人に、カンボジアでお会いできるなんて!!

クリエイターやアーティストの友人たちが知ったら、うらやましがること間違いありません!!
(おそらく彼らもこの場にいたら、有働さんじゃなくて佐々木監督とのツーショットを選んだでしょう♪ まあ、両方とツーショットを撮っても、一向に構わないのでありますがw)

『おクジラさまふたつの正義の物語』は、中立な立場から捕鯨を巡る人々をていねいに追った作品でした。
文化の違いや考えの違いは当たり前のこと、たとえ理解できなくても違いを許せることこそが、多民族がなかよく暮らせる秘訣と、マレーシアから学んだデイジー。
いつかクアラルンプールでも、上映してほしいなあ。

ホテルからほとんど一歩も出ず、プノンペンの街も見ないままでしたが、メコン川は上から見ても、やっぱりカフェオレ色でした。

空港へ向かう帰り道、バイクの2ケツ、3ケツ、ノーヘルは当たり前。
マレーシアでも5、6年前はよく見かけたのに、最近は滅多に見なくなりました。

同行したマレーシア人のガネサン曰く、「30年前のマレーシアだ!」
きっとまったくその通りなんだろうな。

さて、デイジーが一日中ホテルに缶詰になるなか、うちの子らはお父さんと自由に過ごしておりました♪
久しぶりの途上国に、マレーシアってやっぱり暮らしやすいなって思ったようです。

ちなみに写真は、イオンショッピングモール内の、WAOJEメンバーでもある日本人女性起業家が経営するおみやげ屋さん。

暗い歴史のせいで老人が少なく、でも今は若々しくて活気があって緑豊かなこの国は……

君の瞳にどう映ったのかな?
おかあさんは、今回の学びと出会いを忘れないうちに、自分のものにしていこうと思うよ!

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための視察ツアーはこちらからどうぞ!


page top