クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2018/03/31

デイジーのアメリカ滞在記・その1 〜これぞザ・アメリカ!? 25年ぶりのロサンゼルス編〜

デイジー、先週より北米入りしてます。
今回の旅の目的は2つ。

1) シンガポール在住の日本人が主催するテキサス視察ツアー(現地集合&解散)に参加すること。
2) めったにないチャンスなので、アメリカ在住の友人たちに会いに行くこと!

マレーシアから羽田(滞在時間45分)を経由して、17時間以上(!!)のフライトを耐え、まずはロス入りしました。
ロスはなんと25年ぶり!!
そして、デイジーが初めて海外に出た思い出の地!!!(//∇//)

当時はディズニーランドとユニバーサルスタジオに行って、チャイニーズシアター行って、ロデオドライブをちょっとブラブラしたくらいしか覚えてないです(´Д`)。
あと、「ガーデンサラダ」頼んだときに、ブロッコリーがナマで出てきたのは衝撃だったなあ。
「アメリカ人の舌ってどんだけおかしいんだ!!」って思ったけど、今でも生食してるらしいですよー、ブロッコリー。

そして、初めての海外でビビってた割には、わざわざ治安の悪いダウンタウンに泊まってたなど、今考えるとツッコミどころ満載の旅でした。

さて、久しぶりの西洋圏(ハワイ以来7年ぶり)と洗練された西洋文化に、ウキウキドキドキ。
そして、出張じゃないひとり旅って超〜久しぶり!!
軽く10年以上経ってますね!

20代、30代の頃のひとり旅と違って、体力は確実に落ちてるなあと実感しつつも、誰の顔色も気にせずに、ひとりで行き先を決められる心地よさをひしひしと噛み締めています。
留守番してくれてる家族には、こんな贅沢な時間をプレゼントしてくれて、感謝しかないです。
ほんとありがとう!!

ロスでは、Air bnbで探したおうちに泊まりました。
そう、実際に人が住んでるおうちの一室をお借りしたのです。

後半はホテルばかりで味気ないし、ハリウッド映画とかアメリカンドラマの暮らしを体験してみたかったんですよー!
ホテルの高いエリアでは、Air bnbの方が安上がりというのもあります♪
現地の人の暮らしや話が聞けるのも大きいですね!(疲れていると、しんどいこともあります…)

韓国人、フランス人の女子ふたりでルームシェアしているアーリーアメリカンなかわいいおうちでした♪
韓国人はよく料理もしているそう。

生活感は満載。モノの多さにびっくり…

仕事が残ってたので、朝からキッチンでさせてもらいました(苦笑)。

周りは、いかにもアメリカらしい住宅街!!
近くのビーチまでサイクリングも楽しみました。

さて、ロスに立ち寄ったのは、大学時代のクラスメイトRちゃんに会うため!! 
ただそれだけ!!
20年ぶりの再会となりましたが、女子はおしゃべりするとすぐ当時に戻れるんですよー。

最初に連れて行ってもらったのは、ベニスビーチ!!
サンタモニカまでは行かなかったけど、もう朝からずっと「来て来て来て来て、サンタモ〜ニカ〜♪」と桜田淳子がリフレイン。
古すぎですね……(´Д`)

さすが本場も本場。
ストリートアートすごい。
聞けばRちゃんの息子たち、スケボーで学校に通ってるそう!!!
なんてアメリカちっくなのー!!

ベニスビーチの名前の由来にもなったという運河のまわりを散策しました。
なんて優雅なんでしょう♡
運河沿いのおうちは、お金持ち具合が半端なさそうで、もう別天地という感じ!!

リスもよく肥えてましたw
マレーシア在住の方ならおわかりですが、マレーシアのリス、痩せてて全然かわいくないのです!
(もちろん種類が違うのですが)

石油王J・ポール・ゲティのゲティ財団が運営する美術館、The Getty Museumもすばらしかった!
何がすばらしいって、(金にモノを言わせた)コレクションもなのですが……

ロスを一望できる景色と、こんなスゴイ施設なのに入場無料なこと!!!
ゲティさん、ありがとーーー♡

飛行機(ANA)の機内で観たロスを舞台にしたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』にも登場したグリフィス天文台にも行きました。

こちらも炭鉱で財を成したグリフィスさんによる文化財ですが、建物が美しく、宝石箱をひっくり返したようなロスの夜景がサイコーにキレイでした!!

締めくくりは、アメリカお約束のステーキとクラフトビール。
旧友とふたり、会わなかった20年間のお互いの物語をずーーーっと話し続けた楽しい一日でした♪

しかしデイジー、アメリカに来ていちばん最初に驚いたの、コレな!!!

駐車料金、USD20!!
RM20(本日レートで550円)じゃないよ!!

いや、東京の駐車料金もありえないと思うんですが、マレーシアだと大体RM1-RM10くらい、バレットだってRM15くらいですよね??(しかも数時間滞在しての金額)
RM20取られたら腹立つとこなので、USD20に膝が震えましたwww

このあとシアトルに入り、物価の高さにさらに目を白黒させることになるのですが……。

目を白黒といえば、シアトルに入った途端、この天気!!!
飛行機でたった3時間弱北上しただけなのに、同じ西海岸とは思えない……。
そして、もちろん「寒い」のです(´Д`)

デイジー旅はまだまだ続きます!!

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための視察ツアーはこちらからどうぞ!


page top