クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2018/01/22

【早割まもなく終了】エプソムのサマープログラム、昨年の参加者の声をご紹介します♪

11〜14歳のお子さんをお持ちのみなさーん、エプソムのサマープログラムの早割が、今月いっぱいで終了しますよー!
サマーキャンプの詳細はこちらをご覧くださいね。

現在、順調にお席が埋まりつつあります♪
エプソムは定員を明言していませんが、他国の参加者とバランスを見て、ある程度の人数に達したら日本人枠は締め切ると予想されます。
参加をご検討中の方はぜひお急ぎくださいね!

エプソムのサマープログラムに参加される方で、ワクワク海外移住による無料サポート(空港送迎の手配、あると便利なもの、逆にいらないものなど、もち物のアドバイス、その他あらゆる質問事項にメールでお答えします!)をご希望の方は、こちらのフォームから日本語パンフレット(PDF)をご請求くださいね。
エプソムの学校案内パンフレット日本語版(PDF)もお送りしていますよー!
もちろん、マレーシアや近隣諸国お住いの方からのご連絡もお待ちしています♪

サマープログラム、興味はあるけれど、子どもをひとりで海外へ送り出すなんて、心配すぎる……。
うちの子シャイだけど、大丈夫??

そんな心配はごもっとも。
本日は、昨年のサマープログラムに参加したご家族の声をご紹介したいと思います♪

◎ひとりで過ごせるか不安でしたが、(私が迎えに)到着した瞬間に消えさりました。
私たちを迎えてくださったスタッフ、先生方の温かく親切丁寧な対応にただただ、感謝するばかりです。
自分の日常から世界へ一歩踏み出す経験ができ、外から日本を見ることができたことはこの夏のいちばんの糧です。

◎娘はサポートもつけず、ひとりで飛行機に乗り、日本とマレーシアを往復しました。
それをやりきったことが誇らしいです。
また、本人にとっても大きな自信につながったと思います。

◎会話に自信がついて、外国のお友だちができたことで、他の言語にも興味を持ってきたことがよかったです。
先生方を信頼しており学校を好きになったことと、毎日体を動かしたことで体がスッキリしたと言っていました。

◎日頃の生活での感謝を口にするようになり、当たり前のことが当たり前ではないと感じたようです。
周りに対する感謝の気持ちが芽生えました。

◎8月12日にキャンパスツアーをしていただきました。
素晴らしすぎてため息がでますね。
私が通いたかったです。

◎ピックアップに行ったとき、息子が「帰りたくない、エプソムに入学したい」と言ったのにはびっくりしました。
現在、息子の通う学校のイギリス人の先生やカナダの先生からもエプソムはとても素晴らしいスクールだと聞いていましたが、息子の言葉で納得しました。

◎このままエプソムに入学します!!(→本当に入学されました)

なんだ、褒め言葉ばっかりじゃないかって??
ええ、デイジー、イマイチだったことも正直に教えてくださいってアンケートでお願いしたんですよ。
そうしたら……

◎みなさん本当にやさしくて、よくしてもらいました。
イマイチ、なんてありませんでした!

ですって!!

そんなプログラム、デイジーが参加したかったです!!!
11歳になったら……うちの長男たろうもぜひ参加させたいと思います♪

昨年の秋、「エプソムカーニバル」というプレップスクール(小学部)主催のイベントに家族で遊びに行ったときに撮影したもの。
以前、JBのマルボロカレッジのクリスマス会に一度行ったことがあるのですが、その時も馬が来てましたヨ。
日本の学校教育しか知らないデイジーは、ホントにビックリしました!!

動物好きの次男じろうは、引き馬に乗ってご満悦♪
しかし、空の色が怪しいとおり、直後、ものすごい大雨に降られましたとさ(笑)。

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための視察ツアーはこちらからどうぞ!


page top