クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2015/11/30

レゴランドで入園チケットを買わずに、希少なバラ売りパーツだけ買う裏ワザとは!?

相変わらずドタバタな日々ですが、先日、ジョホールで1泊してきました。
土曜日=大人の用事、日曜日=子どもの用事と決め、短いながらも小旅行を楽しんできましたよ!

th_DSC_2496

宿泊先のコンドミニアムで、どうしてもプールに入りたいとがんばるチビたちに負け、ごまたろうがおつきあい。
大人の用事を済ませた土曜日の夕方、小雨が降るなかのプレイタイムでしたが、子どもたちは大満足だった様子。
ちなみにプールの向こうに見えるのは、建設中のコンドミニアム。
来るたびに街が拡張しているので、時間を早送りしているようなちょっと不思議な気分になります。

ちなみにジョホール・イスカンダー計画の不動産状況はどんななのよ!? という関心をお持ちの方は多いと思います。
マレーシア不景気だし、中国情勢も不安定だし、デイジーも気になっているところなのですが……なんとこのリンギット安のせいで、お隣のシンガポーリアンはもちろんのこと、ローカルまでもが景気よく不動産を買っているそうですよ!

なぜにローカルが!? と思ったら、ジョホールはシンガポールで出稼ぎ(日帰り国境越え)をしているマレーシア人たちが非常に多いんですって。
彼らはシンガポールドルで稼いでいるため、マレーシアリンギットに換算すると、何もしなくても給与が20〜30%増になっているのだとか。
これはちょっとKLでは聞かない現象で、おもしろいなあと思いました。

th_DSC_2512

ちょうどこの日はごまたろうの誕生日だったこともあり、地元在住の方にオススメいただいたレストランSpice Grillに行ってみました。
思いっきり観光地だし、正直あんまり期待してなかったのですが……いやはやとてもおいしかったです♡

シェフはインド出身だそうで、スパイスとか素材の使い方とか、ほとんど天才かもと思うレベルでした。
ジョホールに来る楽しみが増えました♡

メニューはウェスタンも充実してるので、子どもでも大丈夫。
子どもたち、トマトベースのパスタをペロリとたいらげ、ついでにステーキもがっつり。

じろう(4歳)は「パパの誕生日のレストランに行きたい」といまだ申しております。
いや、確かにすばらしくおいしかったけど、サイフには全然やさしくないんだってばー(´Д`)

明けて翌日は、お約束のレゴランドへゴー。

th_DSC_2537

もうすっかりクリスマス仕様でした♡
しかし、うちのチビたちは、そんなものはもちろんのこと、アトラクションにだって眼もくれず……

th_DSC_2543

ひたすらレゴづくり!!!(´Д`)
クルマをつくって坂道でレースしてってただそれだけなんですけど、今回もたっぷり2時間以上、熱中していました……(´Д`)
おかげで母はひとりアトラクションに乗ったり、園内を散策したりする時間がありましたとさ。

th_DSC_2551

帰りは、これまたお約束のおみやげコーナー(´Д`)
しかし、ゲンナリしている場合ではありません。
ここでチェックしたいのが、なかなかバラ売りしていないレゴパーツですよー!
特にタイヤ関係など、乗り物をつくるのに欠かせないパーツは、男の子のマストアイテムです♪

ちなみに以前、レゴランドホテルについて書いたとき(「レゴランドホテル@ジョホールでLEGO三昧♪」参照)は「袋詰め放題」だったのですが、今回行ったら「量り売り(RM48/100g)」に変更になっていました。
レゴランドオープン当初の販売方式に戻したようです。

th_DSC_2552

カラフルなパーツも揃っています♡

実は少し前に、エイミー一家もジョホール旅行をし、その帰りにレゴランドに立ち寄ったそう。
あいにく天気が悪かったらしく、チケット売り場まで来て入場を諦めたらしいのですが……。

しかし、「せっかく来たから、レゴパーツだけ買いたいよね」ということになり、ゲートまで行って「おみやげだけ買いたいから、入場させて」と交渉してみたのだとか((((;゚Д゚))))!!
それは思いつかなかったよ、エイミー……!

そしたら、なんとひとりRM165のデポジットを支払えば、おみやげ屋さんエリアに限り入場できることが判明!
そして、そのデポジットは、RM100以上の買い物をすれば戻ってくるそうです♪
※ひとり分のデポジットに対してRM100以上の買い物をする必要があるため、入場人数にご注意ください!

グッジョブ、エイミー!\(^▽^)/
ということで、レゴランドでパーツだけを買いたい方は、ぜひ上記のデポジット方式をお試しくださいね♪

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための各種視察ツアー&サポートサービスはこちらからどうぞ!


page top