クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2015/08/17

さよなら、マルコ

マルコ、天国ってどんなところ? いつか行ったあの場所みたいなところ?
 

先週、わが家にいる4頭の中型犬(プチバセット)のうちの1頭、お父さん犬のマルコが、天国へと旅立ちました。
10歳2ヶ月でした。

もともとてんかんの持病があり、このところ調子がよくなかったのですが……。
最期を看取ってやれなかった(早朝、ごまたろうが様子を見にいったら、すでに冷たくなっていた)など、悔いは残るのですが、ふり返るとなんてあったかくてやさしい、幸せな時間だったのだろうと思います。

甘えん坊で、人も犬も大好きだったマルコ甘えん坊で、人も犬も大好きだったマルコ

 
ブリーダーの売れ残り犬だったマルコがわが家にやってきたのは、1歳8ヶ月のとき。
それまで狭いケージの中で暮らしていたマルコは、首輪もしたことがなければ、散歩もしたことがなく、最初の数ヶ月は何をするにしても一大事でした!

たとえば、トイレのしつけなんてもちろんされてないので、糞尿は垂れ流し(´Д`)
壁やドアに近づくとすぐにおしっこをかけるので、しばらくは家の中で自由にさせることもできず(´Д`)
サークルから出したときは、マルコのあとをひたすらついてまわり、片足を上げようとするたびにダメだよと言い聞かせ、失敗して汚れたらそのたびに洗って、「犬って本来はきれい好きなんだよ。糞尿が自分についたままの状態は、デフォルトじゃないんだよ」というところから教えなくちゃいけませんでした。

わが家に来たばかりの頃。トイレシーツを一面に敷き詰め、一日に何度も取り替えました。ごまたろうが、マルコのことをほとんど毎日洗っていたかも(苦笑)わが家に来たばかりの頃。ペットシーツを一面に敷き詰め、一日に何度も取り替えました。ごまたろうが、その体をほとんど毎日洗っていたかも(苦笑)

 

そのうえ、わずか3段の階段が上り下りできない! 10cmの溝さえ越えられない!!((((;゚Д゚))))
仔犬時代に十分な運動をしていないと、犬もここまで運動音痴になるものなのかと、あきれるを通り越して苦笑いするしかない状況でした。
しかも、鳴き声がうるさくないようにと、ブリーダーのところにいる間に声帯を除去され、おまけにてんかん持ち……。

ここまで書くとなんて不幸な犬って思われるかもしれませんが……でも、当のマルコはいたって天真爛漫ちゃん。
とってもやさしいのんびり屋さんだったのです!

そんなふうだから、みんなに本当にかわいがられて。
気がつけば、トイレも散歩も階段もクリア(笑)。

はじめて長い階段にトライ。かなりおっかなびっくり降りています(笑)はじめて長い階段にトライ。ものすごーく慎重に降りています(笑)

 

先住犬のトリコとの交配がうまくいき、かわいい4頭の子宝にも恵まれました。

母犬高齢につき、動物病院にて緊急帝王切開で出産。なぜか自分まで現場に連れてこられて、ただごとではないとビビるマルコ(写真奥)。母犬高齢につき、動物病院にて緊急帝王切開で出産。なぜか現場に連れてこられて、ただごとではないとビビるマルコ(写真奥)。

この頃は、当時、世田谷にあった家と恵比寿の事務所を車で全員移動してました! これは帰り際の持ち運びスタイル。チビ犬のうちの2頭は、今、一緒にマレーシアで暮らしています。この頃は、世田谷の家と恵比寿の事務所を車で全員移動してました! これは、帰り際の持ち運びスタイル。チビ犬のうちの2頭は、今マレーシアで一緒に暮らしています

 

あんまりにものほほんとしているので、普段、マルコに声帯がないことを思い出すことは、ほとんどありませんでした。
たまに「ヒャン!」とか「シャン!」と声にならない声で鳴くのを聞いて、「ああ、そういえばマーちゃんは声が出ないんだったねー」と笑うほどでした。

人畜無害で誰にでもやさしく、子どもたちに大人気だったマルコ。写真は、2歳だったたろうが、冬の朝、マルコにお気に入りの絵本を読んでいるところ。やさしくてあったかい時間でした……。あまりにおっとりさんで、子どもたちに大人気だったマルコ。写真は、2歳だったたろうが、ある冬の朝、マルコにお気に入りの絵本を読んであげているところ。やさしくてあったかい時間でした……。

 

いつか永遠の別れがやってくる。
そのことは覚悟はしていたつもりだったけど、あまりにも突然すぎて……。

「お水をかけたらまた元気になる?」と、3歳のじろうが無邪気なのに対して、6歳のたろうはかなりショックを受けていました。
でも、マルコとの楽しかった思い出を一緒に振り返ったら、涙を流しながらもお礼を言っていましたよ。

長男たろうは、マルコへ自分から絵手紙を描きました。小さい方は、それを見たじろうが真似して描いたマルコ。長男たろうは、マルコへ自分から絵手紙を描きました。小さい方は、それを見たじろうが真似して描いたマルコ。

 
 
さて、現実には泣いてばかりもいられないので、マレーシアで火葬してくれる業者を探し、コンタクトを取りました。
Pet Memorial Services

今日にも車で引き取りに来てくれるとのこと。
でも、いきなりいなくなってしまうのは気持ちの整理がつかなかったので、翌朝の引き取りをお願いしました。

ものすごく現実的な話ですが、火葬代は下記のとおりです。
個別火葬=RM420〜700
集団火葬=RM150〜300
重さにより、値段が変わります。
このほか、立派な棺付きのパッケージもあるそうです。

 

お迎えはこんなバンで。どこか霊柩車に似ています……。お迎えはこんなバンで。どこか霊柩車に似ています……。

火葬場への立ち会いはできないのですが、引き取ったあと、火葬するまでを写真で送ってくれました。
(なんと着火の瞬間や残った骨まで! うーん、これは私的にはちょっと微妙だったのですが、きちんと火葬してくれているという証明なんでしょうね……)

オプションでお花の追加をお願いできます(RM20、犬のまわりにあるお花)。エイミーが届けてくれたお花や子どもたちが描いた絵などを一緒に火葬してもらいました。オプションでお花の追加をお願いできます(RM20、犬のまわりにあるお花)。エイミーが届けてくれたお花や子どもたちが描いた絵などを一緒に火葬してもらいました。

 
そして翌日、マルコは小さな骨壷に入って帰ってきました。

骨壷のほかに、フォトフレーム、キーホルダー、証明書が付いてきました。骨壷のほかに、フォトフレーム、キーホルダー、証明書が付いてきました。

 
th_DSC_1464

 
マルコ、マルコ、マルコ。
楽しい時間をありがとね!
やさしさをたくさんありがとね!!
うちの子になってくれて、ほんとうっにありがとね!!!!!
 

ああ、わが家は、あと3回も犬を看取って送ってやらなくちゃいけません。
悲しくて淋しいけれど、いつか訪れるその日まで、犬たちとのマレーシアライフを楽しもうと思います!

 
th_P1010627

生前、マルコをかわいがってくださったすべてのみなさまに、この場をお借りしてお礼申し上げます。

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための視察ツアーはこちらからどうぞ!


page top