クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2014/09/04

憧れの!? ツリーハウス宿泊体験@キャメロンハイランド Part1

th_IMG_6243

7月からずーーーっと仕事モードだったので、8月下旬に大型入稿を終えた途端、ペナン、イポー、キャメロンハイランドをめぐる旅に出たわが家+デイジー母。
子どもたちも夏休みらしい夏休みを過ごしていなかったので、大喜び!

ペナンでMango一家と遊んだり、イポーで温泉につかったり、毎日お楽しみだらけだったのですが、いきなり今回の旅のハイライト、キャメロンハイランドのツリーハウスホテルから紹介しちゃいたいと思います!!

キャメロンハイランドは、クアラルンプールの北150kmにある高原リゾート。
標高1500mを超えるため一年中涼しく、高原野菜やお茶、イチゴの一大産地でもあります。

そこに、なんと冒険好きにはたまらないツリーハウスに泊まれる宿があると聞き、ワクワクしながら行ってきましたよー。
ホテル予約サイトのAgodaには「宿泊最低年齢3歳以上」とあったので、じろう(2歳)の年齢はサバ読みました\(^▽^)/

ひと筋縄ではいかないんだろうなあと思っていたら……まずアプローチから尋常じゃありませんでしたww
まず、キャメロンハイランドの某大型ホテルで、宿のスタッフと待ち合わせ。
自家用車はホテルに置いて(!)、お迎えのランドクルーザーに乗り換えます。

そして……

th_IMG_1472

すわ、傾斜30度以上か!? と思われるような坂道もなんのその。
「これぞランクルの正しい使い道! アプローチからアトラクション!!」と思わずにはいられない道のり4kmを約30分かけて進むと、ようやく宿の入口に到着。
デイジーは、はるか昔も大昔、女子大生だったころ、富士山の麓にある陸上自衛隊駐屯地合宿に参加したことがあるのですが、そのとき装甲車に乗せてもらった以来の胸躍る体験でしたww

 
th_IMG_6106

こちらがアトラクション並みの走行が楽しめる送迎車。
ランクルもこんな道を走れるなんて、本望でしょう♪
ただし、乗り物酔いしやすい人はご注意ください!!

 
th_IMG_6107

こちらがツリーハウスにつづく入口。
宿泊客はここから敷地に入ります。

 
th_IMG_6114

いかにもなゲートは拡大するとこんな感じ♪

スタッフのレイチェルさん(中華系マレーシア人)曰く
「一本道だから迷わないから。どんどん上がっていくと、そのうちツリーハウスが見えてくるから。今日は他にお客さんいないから、中は好きに見学していいわよ。その先のいちばん大きなツリーハウスのところで待ってるから」
とのこと。

大きな荷物はどうするかって??
車で宿の近くまで運んでくれるので、最小限の手荷物だけで大丈夫♪

 
th_IMG_6116

こんな赤土の階段を上がります。

 
th_IMG_6122

途中から階段に(´Д`)
結構険しい!!
 

th_IMG_6127

しばらく行くと、早速見えてきました!!
おおおおーーーーホントにホント、正真正銘のツリーハウスだっっ!!!
いきなりテンションマックス!!

 
th_IMG_6129

早速、お邪魔してみましたよ♡
……って、ものすごくワイルド(雑ともいう)なつくり!!
 

th_IMG_6170

屋根は椰子の葉を編んでます。
 

th_IMG_6302

壁は竹を割って組み合わせてます。
このあたりの手仕事はなかなか。

でも、あとでレイチェルに聞いたら、結構雨漏りするから修理が大変なんですって(;^_^A

 
th_IMG_6130

最初のツリーハウスは、小さい棟と大きい棟が2つ連結していました。
こちらの小さいほうは……

 
th_IMG_6155

なんとなんとトイレ!!
ちゃんと水洗です。
そして給湯器とシャワーまで!!

わーーー、シャワーが使えるなんて全然期待してなかったよーーー!!
うれしいというか、ビックリです。

 
th_IMG_6162

で、こちらがベッドルーム。
ベッドメイキングはされてませんでしたが、ちゃんと横になって眠れそうなので、ちょっとホッ。

 
th_IMG_6173

ツリーハウスをいくつか見送って(複数棟あるんですよ!!!)ずんずん行くと、拓けてきました。

 
th_IMG_6177

さらにさらに行くと、突然斜面に畑が出現!!
 

……と、本日はここまで。
つづきはまた明日\(^▽^)/

 
 
Terra Tree Houseを運営するTerra Farmオフィシャルサイトはこちら
Terra Tree Houseの予約はこちら

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための視察ツアーはこちらからどうぞ!


page top