マレーシア・インターナショナルスクールのサマーキャンプ募集中!

マニラ空港にて 〜2週間のセブ語学留学を終えて〜

今朝、2週間滞在したセブ島をあとにしました。
現在は、マニラのニノイ・アキノ国際空港でトランジット中で、これから仕事のため東京に向かいます!
(寒いので1泊だけど!)

あっという間だったけど、それはそれは濃密な時間でした。
デイジーがほとんど自分のためだけに時間を使うことを快諾してくれ、それをサポートしてくれた家族や仲間たちには、感謝の気持ちしかありません。
(早くみんなに会いたい!)

こんなに、自分だけのために時間を使ったのはいつぶりだろう。
独身以来だから、9年ぶりか。
うーむ、感慨深い。
時間のあるときにもっと自分に投資すればよかったとか、そういう思いがないわけじゃないけど……。

昨日、セブ最後の日を若干プリズンぽかった留学先とは別天地のリゾートホテルで過ごしながら、セブで知り合った30代前半の若手起業家とあれこれ話すうち、デイジーの20代、30代の話にもなって……
いやーデイジー、20代後半で起業したときは、正直、世の中のことを何もわかってなかったし、あのときあんなふうに行動しなければよかったとか、あんなこと言わなければよかったとか、振り返るとネガティブな思いがないわけじゃないんだけど……
でも、そういうことがなかったら、今のダンナ(ごまたろう)ともたぶん一緒にいなくて、もしごまたろうと結婚しなかったらチビたちがこの世に存在しないどころか、デイジーいまだ独り身の可能性だってあるわけで……。

そんなに悪い道は通ってこなかったかな、いや、むしろ今はすごく楽しいやという結論に(笑)→ 基本、過ぎたことは忘れる性分です。

***

さて、今回デイジーがセブで体験したこと、見たことを書きたい気持ちはすごくあるんですが、それが何であったのか、あまりに大きすぎていまだにうまく処理できてません。
でも、みなさんに伝えたい気持ちはあるので、もう少しお時間くださいね。

フィリピンに来たのは実はこれが2度目。
1度目は、ちょうど3年前。
フィリピン第二の都市であるダバオを訪ねたんですが、当時現地に住んでいた友人に誘われるまま観光気分満点だったので、極楽とんぼに時間を過ごしてしまい、フィリピンが抱えるさまざまな問題はかる〜く聞きかじった程度でした。

でも、今回2週間滞在して、英語云々だけでなく、フィリピンの環境問題とか貧困問題とか、そういったものを目の当たりにすることにもなり……
同じ東南アジアでも、マレーシアとは明らかに違う。
なぜ??

今朝、ホテルから空港に向かう道中、ずっと考えていました。
マレーシアとフィリピンとのこの違いは何なんだろう……マレーシアのようにもっと発展したら、フィリピンの人々が幸せになれるようにも思えない……。

今日より明日がいい日に違いない。
経済発展に伴い、そう信じるフィリピン人がいる一方で(語学学校の先生たちはこの部類に思えました)、日本人からすると(たぶんマレーシア人からも)想像がつかないほどの貧困を抱える人たちが存在する……。
(日本でも近年、貧困が問題になっていますが、フィリピンのそれは「絶対的貧困」で、1日を1.25米ドル以下で暮らしている人たちをさします)

そして、それはもうどうしようもないこと。
お金のある人も、ない人も、フィリピン全体を覆っているのは、ある種の「諦念」なのだと、気づきました。
それは確かにフィリピンにはあるけれど、マレーシアにないものだなあ……。

そろそろ搭乗時刻なので、このつづきはまた後日!

 

th_IMG_9095

週末、NPOが主催するスタディツアーで訪れたスラム街。
子どもたちの笑顔は明るく屈託ないものでしたが、大人が抱える闇はそれはそれは深く……。

重たいスラムの話をする前に、次回はデイジーのセブ語学留学の成果!? について書きたいと思います!