マレーシア・インターナショナルスクールのサマーキャンプ募集中!

これが注文できたらマレーシアの達人!? 〜楽しくておいしい「ヨントーフ」〜

th_DSC_0752

こちら、マレーシアのホーカーなどでよく見かける風景で、店頭にものすごい種類の練りものやら野菜やらが並んでいます!
気になりつつも、食べ方がわからないからいまだに挑戦したことがないという方も多いのでは?

かくいうデイジーもそのひとりでした。
でも、デイジーに負けず劣らずの好奇心の持ち主、エイミーにその食べ方を教えてもらってから、最近すっかりハマっています♪

その名も「Yong Tau Foo(ヨントーフ)」

 
th_DSC_0748

注文方法はいたって簡単。
まずは空のどんぶりを手にとり、その中に好きな具材を入れていきます。
どれにしようかホントに迷うんですが、数を気にせず入れるとお会計のときに大変なことになる&意外とボリューミーで食べきれないので、気をつけてくださいね!
 

th_DSC_0746

なぜなら、その値段は選んだ具材の数で決まるから!!
たとえばこのお店は……

麺または腸粉(ちょうふん、点心の一種)またはごはんから選択+具材の数
具材3種……RM8.90
具材4種……RM9.90
具材5種……RM10.90

ちなみにこちら、ミッドバレーのザ・ガーデンLG階にあるお店で、いつもローカルの大行列ができています♪
 

th_DSC_0756

デイジーが選んだのはこちら♪
◎豆腐
◎練りもの
◎野菜

上記のほか、麺とスープの種類を選択してお会計を済ませたら、その場でささっと調理してくれて、ご覧のとおり!

th_DSC_0760

イエローミーとカレースープのオリジナル麺の完成!!
麺はほかにもビーフン系やインスタント麺など、数種類から選べます。
スープは大抵どのお店も、カレースープ(結構辛い)とクリアスープ(全然辛くない)の2種類から選択できます。

 
th_DSC_0932 (2)

こちらは別のお店で注文した、クリアスープのヨントーフ。
まったく辛くないので、子どもたちにも大好評。
大人はお好みで辛味調味料を加えながら食べるとなかなか♪
 

th_DSC_0929

さつま揚げっぽい魚のすり身系から油揚げ系まで、揚げものはすっごく充実してて、どれにしようか毎度迷います……
カロリーが気になるところですが、湯葉揚げはオススメのひとつ!
 

th_DSC_0931 (1)

ゴーヤやオクラといった野菜にはさんだ魚のすり身も、ヨントーフの代表具材。
デイジーの好物は、ナスのはさみ揚げです♪

「ヨントーフ」は、いってみればマレーシア版おでん。
麺やごはんを加えずに、そのまま単品で甘い醤油をかけて食べることもできるそう。

見かけたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪
具材を選ぶ楽しさとそのおいしさにハマるはずですよ♪♪