美味しいジョホールバル♥
美味しいジョホールバル♥
2018/11/13

おしゃれ女子へのマレーシア土産はこれ。80年ぶりに登場した新種のチョコレート

チョコレートがおいしい季節になってきました。
(マレーシアはずっと暑いけど気分は秋。)
ダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートに次いで、第4のチョコレートが80年ぶりに登場したのを知っていますか?

第4のチョコレートとは、スイスのバリー・カレボー社が開発した「ルビーチョコレート」。
ルビーのような赤ピンク色。
南米エクアドルやブラジル、コートジボワールなどで栽培されたルビーカカオと呼ばれる豆から作られており、13年もの年月をかけて、ルビーカカオの赤っぽさの能力を最大限に引き出したそう。

そのルビーチョコレートの存在を知ってから、食べてみたいと思っていたのですが、
なんと!クアラルンプールとペナンにショップがあるチョコレート屋さんで売っていたのです!
このルビーチョコレートを取り扱うのは東南アジアで初らしい。

しかし私が住んでいるジョホール州にはお店はなく、そのうちクアラルンプールに行って買おうと思っていたところ、通信販売をはじめたという情報をキャッチして、即オーダーしました。

66gのチョコレートで、RM28.9(約¥800)という、マレーシアにしては高級なお値段ですが、パッケージもオシャレ。
小さなタブレットが個包装になっています。
また、マレーシアらしく、ココナッツクランチが入った板チョコタイプは67gでRM23.9(約¥660)。

そして、注文の翌日、ヤマト宅急便のクール便で届きました。(こんなに早く荷物が届くなんてマレーシアの奇跡!)

さっそく開けると、美しいピンク色。
着色もしてない、カカオ本来の色というのが不思議です。
味はまるでストロベリーチョコ。
でも原材料を見ても「ミルクチョコレート」のみで、ベリー類は何も入っていません。
新しい体験でした。

日本では、ルビーチョコレートは高級ラインのキットカットやローソンでのロールケーキに取り入れられたりしているようで、楽天などではカレボー社の業務用のルビーチョコレートも扱いを開始してきているので、これから冬やバレンタインに向けて、ブレイクするのではないかとひそかに思っています。

と、ここでルビーチョコレートを検索してみると、日経トレンディの「2019 ヒット予測100」において、第27位に選出されているようです。

みんなが知る前に、マレーシアのお土産にしたら喜ばれること請け合いですよ。

※HARRISTON社の画像はお借りしました。

HARRISTON
購入できるお店一覧
http://harristonchocolate.com/outlets/
通信販売ではこのページで購入できます。(マレーシア国内のみ)
https://shopee.com.my/search?keyword=harriston

JBよしこ
text by JBよしこ

JBよしこ こと 土屋芳子
東京にてフードコンサルティング会社「ブレインズ・アンド・トラスト株式会社」を経営して10年、ジョホールバルに母子で移り住み、会社「B&T DIVERSITY SDN. BHD」を設立。現在は現地ネットワークを構築しつつ、ハラルマーケティングリサーチ(アンケート、サンプルテスト、座談会、商品開発など)、企業視察コーディネイト、イベント企画、フードコンサルティング業務を手がける。フットワークの軽さで、面白いこと、美味しいものを探し回っています。
B&T DIVERSITY SDN. BHD [website]  [facebook]
ブレインズ・アンド・トラスト株式会社 [website]
ジョホールバル移住への道 [facebook]
ジョホールバルグルメ [facebook]
ジョホールバルイベント [facebook]


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための視察ツアーはこちらからどうぞ!


page top