マレーシアでキャンパスライフ☆
マレーシアでキャンパスライフ☆
2019/07/12

マレーシアの大学へ留学中のみなさんへ 〜新ブロガー募集します!!〜

こんにちは、「ワクワク海外移住」を主宰しておりますデイジーと申します。
いつも当ブログをお読みくださり、ありがとうございます!!

さて、みなさんもご存じのとおり、ブロガーのKAYAちゃんが、この度、晴れて大学を卒業しました!

KAYAちゃん、本当におめでとう!!
そして、めちゃくちゃいい記事をたくさんありがとう!!

しかし困ったのが、私たち。
フレッシュでリアルな大学留学情報を、うちの読者さんたちにももっと伝えたい……。

そこで……KAYAちゃんのあとを担う新ブロガーを募集したいと思います!!
募集要領は以下の通りです♪

◎募集人数
最大3名

◎応募資格
マレーシアの大学に正規留学生として在学中、またはファンデーションコース在学中の学生さんであること。
採用にあたって、簡単な選考があります。

◎原稿料について
報酬のお支払いはありません。
その代わり、この道20年以上のプロ編集者(私のことね)の添削指導が受けられます。
結構ガチに赤字を入れますが、その分、一生モノのコピーライティングスキルが身につきます♪
今後の人生で大いに役立つこと請け合いです♪

◎こんな方にオススメ
・コピーライティングの基本を学びたい
・コピーライティングでプロになりたい
・マレーシアの大学生活について、これから留学をめざす高校生たちに伝えたいことがある!
・マレーシアの大学留学を記録に残しておきたい!
・たくさんの人に読んでもらいたい!(ワクワク海外移住読者数は、現在およそ8,000人です)

◎応募方法
こちらのフォームからご応募ください。
お名前、連絡先のほか、大学名、学部、学年、残りのマレーシア滞在予定期間、志望動機をお書きください。

ところで、KAYAちゃん本人から、デイジーの添削を受けてブログを書くという体験が、一体どのようなものだったか、感想をもらったので、シェアしたいと思います♪

******

ブログをスタートする以前から文章を書くことは好きでしたが、書いた文章がイマイチパッとしないという悩みがありました。
自分で読んで読みづらさは感じていたものの、どこが問題なのかわからない状態でした。

「ワクワク海外移住」で実際にブログを書かせていただくにあたり、デイジーさんからは文章の書き方を教えていただきました。
ひらがなや漢字の使い分け、空欄の活用法など、本当に細かいことも!

その結果、多くの方から「文章すごく読みやすいね!」と言っていただけるようになりました。
また、ブログのみならず、文章を書くときに「これは読み手にとって分かりやすいか? おもしろいいトピックか?」ということを常に考えられるようになりました。

実はこれ、大学で英語のエッセイを書く際も同じロジックなので、「エッセイが読みやすくなった」と教授からも褒められました。

自分個人で書くよりも、多くの方にブログをよんでいただけたので、文章を書くことにおいての責任感が生まれました。
それによって読者が知りたいこと、自分にしか書けない内容はなんだろう? と常に考えるくせが付いたことを実感してます。

本気で文章を変えたい方、本気でライターをめざしたい方にもおススメです!

******

うれしいですねー。
KAYAちゃんには、マレーシアで学んだたくさんのことを糧に、自分の好きな場所で活躍してもらえたらと思います!!

ところで、デイジー、この記事のために、マレーシアの大学の写真を探しておりました。
しかし、そもそもまだマレーシアの大学に行ったことがないし、大学生とも写真を撮ってない……

と、思ったら、見つけました!!!

これこれ!!!

ここにマレーシアの大学生たちが!!!

シャーアラムの湖? 池の? ほとりで、暑いのにローブ着て、楽しそうに卒業写真を撮っておりました。

みんないいね、人生これからいくらでも切り拓けるもんね。
オバさんだけど、私もまだまだ負けないよ!!!

というわけで、大学生のみなさまからのチャレンジをお待ちしております♡

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための各種視察ツアー&サポートサービスはこちらからどうぞ!


page top