美味しいジョホールバル♥
美味しいジョホールバル♥
2021/02/28

炉端焼きおまかせコースのファインダイニング「Binchotan 炭」

ジョホールバルに、また1つ素晴らしいレストランがオープンしました!

自信を持っておすすめできるお店。

詳細をレポートします。

2月26日にオープンしたばかりの「Binchotan 炭」は、炉端焼きがメインの、おまかせコースのみを提供するファインダイニング。

日本料理のヒュージョンという位置付けです。

今回、プレオープンに招待いただきました。

ジョホールバルのタウンエリアからすぐそば。

ぺランギ地区の、昔ながらのショップロットの中にあります。

店内は、木と黒の大理石をふんだんにつかったカウンターのみ。

シンプルで大人の雰囲気です。

入口を入るとすぐそこには、ドライエイジング専用冷蔵庫。

カウンターの真ん中奥には、備長炭をつかった焼き場があります。

食材も美しく陳列しています。

アップビートな音楽がかかっていて、ここでは、お料理と一緒にお酒も楽しんでほしいとのこと。

フレンチワインを中心とした幅広いラインナップ。

ワインはリーデルのグラスで飲むことができます。

食器は日本からの輸入や、オーダーメイドで作らせたオリジナルのものなどを使い、カトラリーもフランスのブランドのものを用意しています。

食材はどれも、超トップレベルのものしか使わないというのがオーナーのこだわり。

日本から輸入した、Aグレードのウニや、松阪牛、野菜も日本産のものを多く使用しているとのこと。

また、アジアの富裕層の好みにあわせ、キャビアやトリュフやフォアグラなどのゴージャス食材をふんだんに使うというのも、アジア圏の高級料理店ならではの発想でしょうか。

自分の感覚としては、日本で暮らしていたときにいただいていた、キャビアやトリュフの量半年分を、この店では1日で食べているんじゃないかと思うほど。

1年ほど前から、ジョホールバルにもこのような高級食材を使う店が増えてきましたが、シェフの確かな腕はもちろんのこと、ゴージャス食材をふんだんに使い、わかりやすい高級感を出す、というのがトレンドになりつつあります。

そしてこのコンセプトがアジアでの和食レストランの成功の秘訣なのです。

運営会社はお酒の卸元なので、入手困難な日本酒やシャンパンなども飲むことができます。

そしてここは、ジョホールバルの高級店の流れを変えた、あの名店の姉妹店。

(わかる人にはすぐわかるかな。はっきりお伝えできないのがもどかしいところ。)

食材のクオリティのよさ、シェフの技術の高さは太鼓判を押すことができます。

さて、お料理を紹介していきましょう。

お料理は、現在のところはディナーのみ。おまかせコースのみ。

RM288、 RM488、 RM888、のコースがあります。(約¥7500~¥22500プラス税)

私がいただいたのは、RM888のコースが基本となっていますが、オープン当初は内容に調整が入るので、詳細はお店に直接ご確認ください。

カウンター席に座り、目の前で調理や盛り付けされている過程を見ながら料理やお酒をいただけます。

その作業も美しくて、じっくり見入ってしまいます。

前菜3種盛り合わせ

白バイ貝、揚げきびなご、松阪牛のタコス仕立て

串カツ: 松阪牛の串カツ、フォアグラとキャビア添え

口の中いっぱいに広がる松阪牛の旨み。

このインパクトの強い料理が、メインディッシュではなく、前菜のすぐ次に来ることで、これから続く料理への期待が高まります。

さすがJohnシェフ!

サラダ: 大トロ、水菜、大根、人参ドレッシング

シャキシャキの野菜と軽く炙っただけの大トロを、絶妙なおいしさの人参ドレッシングでいただきます。

炉端焼き: 岩手産牡蠣、ウニ、キャビア

備長炭の上で殻ごと軽く火を通した牡蠣は、半生状態。

ウニとキャビアをのせて、スプーンでいただきます。

半分にカットしてくれていて、食べやすい。

炉端焼き: 太刀魚、キャビア、コリアンダーソース

香ばしく炭火で焼かれた太刀魚をポン酢ベースのコリアンダーソースで。

ふっくらと焼きあがった繊細な甘みのある太刀魚でした。

炉端焼き: 帆立、フォアグラ

半生に焼かれた帆立とフォアグラを重ね、甘みのある醤油ベースのソースで。

炉端焼き: 松阪牛 数種の塩で

完璧な焼き加減の松阪牛を、ホームメイドの数種の塩でいただきます。

蒸し物: 白子、菜の花、筍、大根、人参、マスタード味噌ソース

この蒸し物は、器ごと備長炭の上で蒸されて出てきました。

マスタードがほのかに香る、白みそベースの味付けで、とろける白子をいただきます。

ラーメン: 松阪牛ラーメン

これぞ贅沢の極み。

和牛の骨を10時間煮だしてスープを仕込み、松阪牛はとろける角煮のようなチャーシュー仕立て。

これまでも和牛のラーメンをいただいたことはありましたが、松阪牛でラーメンを作ってしまうのはなんとも贅沢。

デザート盛り合わせ

オレンジパンナコッタ、酒グラニタ、抹茶プリン、ダークチョコレートトリュフ、味噌キャラメル

最後のデザートも1品1品が繊細でおいしく仕上がっています。

抹茶の味が濃い抹茶プリンや、ほろ苦いチョコレートなど。

いかがでしたか?

どれも絶妙で完璧な火入れ具合なので、最高級の食材をしっかりと堪能することができました。

間違いなくここは、ジョホールバルでまた新しいトレンドを提供してくれる、トップレストランのうちの1つとなることでしょう。

私がこのお料理をいただいた翌日には、ジョホール州の王子様6名がいらしてディナーを楽しみ、その数日後にはジョホール州の首相がいらっしゃっていました。

2/26にオープンしたばかりですが、カウンター席は12席のみなので、すでに3/20まではほとんど予約で埋まっているとのこと。

私の「マレーシアレビュー」のFacebookページで紹介したところ、3日間で57000人以上が閲覧、150以上もの投稿のシェアがありました。

このレストランの注目の高さが伺えます。

気になる方は早めに予約の連絡をした方がよさそうです。

お食事も会話もしっかりじっくり楽しむには、1人か2人で行くことをおすすめします。

マレーシアの第二の都市ジョホールバルでは、シンガポールからのお金の流れによって潤っているということが通説でしたが、コロナで国境が閉鎖されている現在、地域の人だけでも高級ラインのビジネスが成り立つこと、富裕層マーケットが確かにジョホールバルにも存在していた、というのがここ1年で新たな発見でした。

これで国境が開いたら、シンガポールの人が押し寄せて、さらに予約困難な人気店になるのではないでしょうか。

数年前には、マレーシアにあるローカルシェフやローカルオーナーの日本食レストランというと、「なんちゃって」の技術しかない店がほとんどでしたが、今では世界中の高級店と肩を並べられる店も少なくありません。

この店の姉妹店に、ここ1年で何度も足を運んでいますが、いつでも完璧なお料理をフレンドリーなホスピタリティで楽しませてくれるので、どなたにも大推薦できます。

今後も発展し続けていくジョホールバルから、目を離せません。

Binchotan 炭

TEL +60-7-3364918.

Address: 15, Jalan Kuning 2, Taman Pelangi , 80400, Johor Bahru.

https://www.facebook.com/binchotanjb

Johnシェフと、ローカルメディアの友人と乾杯。
JBよしこ
text by JBよしこ

JBよしこ こと 土屋芳子
東京にてフードコンサルティング会社「ブレインズ・アンド・トラスト株式会社」を経営して17年。2014年からジョホールバルに母子で移り住み、会社「B&T DIVERSITY SDN. BHD」を設立。現在は現地ネットワークを構築しつつ、ハラルマーケティングリサーチ(アンケート、サンプルテスト、座談会、商品開発など)、企業視察コーディネイト、イベント企画、フードコンサルティング、広告宣伝業務を手がける。Facebookページ「マレーシアレビュー」では、1記事あたりの読者は最高24万人。フォロアーのうち75%以上がマレーシア人、16%がシンガポール人。日本の物、事、すばらしさを、マレーシアの人々にPRするお手伝いができます。 ジョホールバルのメディア組織「JOCOM」会員。ロータリ―クラブジョホールバル支部にて講演実績あり。
B&T DIVERSITY SDN. BHD [website]  [facebook]
ブレインズ・アンド・トラスト株式会社 [website]
ジョホールバル移住への道 [facebook]
マレーシアレビュー [facebook]


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための各種視察ツアー&サポートサービスはこちらからどうぞ!


page top