クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2014/08/14

駐車違反と日本じゃありえない罰金ディスカウント!? の巻

昨夕のこと。
仕事が終わらないごまたろうを家に残し、モントキアラ・ソラリスにあるたろうのカポエイラ教室へ。
たろうのレッスン中、実はデイジーも週一でブラジル人トレーナーによるファンクショナルトレーニングに参加しているのです。

はー、今日のトレーニングもめちゃくちゃきつかったよー(´Д`)
早く帰ってビール飲もう!(←トレーニング効果台なし!?)

……と、韓国スーパーのところまで来てみたら……な、なんと停めたはずのクルマがないっっ!!!!
あとかたもなくないっっ!!!

ひえええええ。

まさか盗難?? と思ったものの、落ち着いて当たりを見渡すとずらっと停めてあったはずの他のクルマもごっそり消えている……。
これはレッカー移動だっっ!!!

マレーシア在住の方はよくご存じと思いますが、ショップロットと呼ばれる商業エリアは、二重駐車は当たり前。
このとき、さすがに二重駐車はしてませんでしたが、路上に縦列駐車していたのはデイジーの不覚……。

振り返れば、そこにレッカー車(トウトラック)が!
駐車中のクルマをまさにレッカーしようとしているおじさんたちに、たろうの手を引いたままずんずん近づいて、クルマの行方を聞いてみました。

デイジー「(最初はていねいに)あのー、あそこに停めてたクルマがないんですけど、どこに行ったんでしょう?」
おじさんA「ジンジャ」
デイジー「へ!?」

おじさんのぶっきらぼうな態度に、デイジーもプチ切れ。
「ジンジャ?? ジンジャって何よっ」

おじさんが「ジンジャはジンジャだよ」と言ったかどうかは知りませんが、おじさんの英語力がイマイチのせいか、デイジーの英語力のせいか、そのあとがさっぱりわからない。

「ジンジャって何よッ\(*`∧´)/ 日本人だから神社は知ってるけどっっ」と怒りそうになるのをこらえていると、そこへ別のおじさんがやってきました。

おじさんB「あんた韓国人?」
デイジー「日本人よ。ほら、子どももいるから、クルマないとホント困るんだけど!」
おじさんB「あー、ダンナさんはマレーシア人?」
デイジー「違う、日本人」

おじさんB「そっかあ……じゃあ知らないよね。クルマはね、ジンジャにあるよ」
デイジー「ここからどれくらい?」
おじさんB「30分くらいかな」
デイジー「今日は何時までやってるの?(すでに6時が迫っていて少しあせり気味)」
おじさんB「夜10時までやってるよ」

「クルマがあるところの連絡先も住所も知らないんだけど」と訴えると、おじさんがメモをくれました。
 

th_IMG_5729

手書きメモって……(´Д`)
きっとローカルなら「ジンジャ」が意味するところを知ってるんでしょうけれど、その「常識」を持たない我ら外国人はこういうときホント痛い。

汚くてよく読めないけど、「DBKL=クアラルンプール市役所」ってのはわかったぞ。
あー、「ジンジャ」じゃなくて「ジンジャン」ね。

家に帰って調べてみたら、クアラルンプールの北、Kepon方面のjinjan地区に屋外車庫があるとの情報が!!
よし、うちの子(クルマ)はきっとそこだっ!!

その場にいても仕方がないので、タクシーを捕まえて帰ろうと思ったら、雨が降ってきてまったく捕まえられず……。
仕方なく雨の中、母とじろうが待つパブリカまでたろうとふたりで歩き……。
ビショビショになりながらようやくたどり着いたパブリカでもやっぱりタクシーが捕まらず、結局、ごまたろうに迎えに来てもらいましたとさ。

踏んだり蹴ったりとはまさにこのこと(´Д`)
まあ、こんな日もありますよー。
 

さて、明けて本日、クルマを探しにジンジャンへゴー!
わが家からは14km、30分弱のドライブでした。

th_IMG_5730

こちらの看板が目印!
地図はこちら

余談ですが、マレーシアのお役所って、こんなふうに看板どころか書類もすべてマレー語なんですよ……(´Д`)
中華系マレー人やインド系マレー人への嫌がらせかと思うくらい、それはもう徹底してマレー語です。

「外国人にはお手上げなので、ホントやめてー! せめて英語とバイリンガル表記にしましょうよ」って思うんだけど、お役所ってどこの国もきっと基本は変わらないんだろうなあ……。
書類や案内をバイリンガル表記にするだけで、余計な問い合わせや人員の削減につながるだろうにと思うんだけど、「効率」って言葉はたぶんマレーシアの辞書にないんです( ̄▽ ̄)
というわけで、日本に帰ったとき、やたらと公共サインが気になって仕方がないデイジーだったりします。

 
th_IMG_5732

「おー、ここだ、ここ」だと思ったら、憎きDBKLのレッカー車がちょうど入って行くところでした!!\(*`∧´)/

ちなみに保管場所はこんな感じ ↓

th_IMG_5740

なかには、タクシー車両も!!Σ( ̄□ ̄!)
う、運転手さん、一体どうしちゃったんでしょうか……早く取りに来ないと商売上がったりでは!?……と、余計な心配したりして。

 
th_IMG_5742

返却申請&罰金の支払いは、入ってすぐの窓口で行います。
必要書類は、免許またはパスポートのみ。
昨日のおじさんBは、「車の登録証や保険証書などの書類が必要」と教えてくれましたが、提出は求められませんでした。
しっかし、間口せまっ(笑)。
 

th_IMG_5738

駐車違反したのはデイジーですが、自分名義のクルマゆえに、書類に記入したり、違反理由を尋ねられて答えるごまたろう ← ホントごめんよ〜。
 

th_IMG_5735

気になる料金表はこちら!

レッカー代+罰金=RM150(約4800円)
駐車代金1泊=RM100(約3200円)

えええーーーーってことは、その日のうちに取りに行けば、RM150で済んだのおおおお??

これは悔しい。
かなり悔しい。

悔しがって窓を叩いたりする人がいるせいか、窓口の窓のまわりには格子が入ってましたww
それでも「ホントはRM450のところ、ディスカウントでRM250だから」というお兄さんの説明を受け、「ディスカウントって何だよ??」と思いつつも渋々納得。
手痛いけれど、勉強代、勉強代。

レッカー移動されたのが、日本じゃなくてホントよかったあ!
罰金高いうえに、減点までされちゃいますからね。
(ちなみにマレーシアでは減点はありません。ゴールド免許もないですけどね)
 

お金を支払ったあと、別の窓口に書類を提出して完了。
空いていた(というかほかにお客さんがいなかった)ので、10分ほどで手続きが終了しました。
早速、うちの子はどこーーー? と探したら、いましたよ♡

 
th_th_IMG_5750

(画像加工:ごまたろう)

ごめんよー!
もう駐車違反には気をつけるからね!!!

無事の再会を喜び、クルマに乗って外に出ようとしたら、ここで先ほど支払いをした窓口のお兄さんが出てきて、なぜかごまたろうにRM50を返却。
理由は不明ですが、お兄さん曰く「ディスカウント」とのことで、さらに割引してもらえました。
ここお役所だよね??
しかも罰金なのにディスカウントって全然よくわかんないけど、トータル出費RM200で済んでちょっと得した気分???
 

しかーし、忘れっぽいデイジー。
「駐車違反」と「ディスカウント」で思い出しましたよ!!
駐車違反、実はこれが2回目でした……(;^_^A

半年ほど前、パン屋さんで買い物するため、ほんの10分ほど路駐して戻ってみたら、そこに切符を切っている警察官が!!
「ええええ、たった5分だよ〜(ちょっとサバ読みました)」と言ったら、おまわりさんが申し訳なさそうな顔をして(ホントはそんな顔する必要ないんですが)
「罰金RM100だけど、今日、直接この紙(違反切符)に書いてあるところに支払いに行けばディスカウントされるから」
とのこと。

一緒だった友人と「罰金ディスカウントってなんだろね? 意味わかんないね??」と、いぶかしがりながらもその足でDBKL(このときもまさにクアラルンプール市役所!)に行くと……

th_IMG_4484

そこでは、なんとクルマから降りずにドライブスルーで罰金の支払いができたのです!!
(前のクルマ、罰金支払い中)
しかも当日払いは、たったのRM30(約960円) 。
なんと驚きの70%オフでした!!!

※2015年3月19日追記
このあと、またも駐車違反をやらかしてまして、即日支払いにいったのですが、ドライブスルーブースではディスカウントしてもらえず、やむなく車を停めて建物グラウンドフロアで支払い手続きをしました。
おかげでRM150→RM50のディスカウントに成功♪
しかし、いつから罰金上がったんだろー。1.5倍はひどいな( ̄ヘ ̄;)

 
 
◎本日のまとめ◎

1)クルマが突然なくなっても慌てるな!!
駐車しちゃいけない場所に停めてたら、まずはレッカー移動の可能性を疑え!!

→ 日本みたいにチョークで道路にレッカー情報を書いてくれてるわけじゃなく、クルマが忽然と消えているので、実際にはかなり慌てる状況だったりします♪
→ マレーシアなのでホントの盗難のこともよくあります♪ 聞いた話では、盗まれたクルマは数時間以内にバラバラに解体され、部品になってしまうそうで、GPSが付いていてもほとんど意味がないそうです。ちなみにベンツなどの高級車は、解体後、運んだ先(外国)でもう一度組み立てたりするそうですよ〜。いずれにせよ、盗難保険にはきちんと入っておきましょう!

2)罰金は即日&直接支払いに行け!!
→ 大幅ディスカウントがあるかも♡
→ 現場のおまわりさんと居合わせたら、袖の下も有効かも!?

 
以上、マレーシアにおけるクルマにまつわる教訓でしたっ。
以後、気をつけまーす!!( ̄^ ̄)ゞ
 

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための各種視察ツアー&サポートサービスはこちらからどうぞ!


page top