クアラルンプール、ときどき東京。
クアラルンプール、ときどき東京。
2014/01/10

日本から持ってくるといいもの♪ 〈Part2〉

年明けなので、まずはライトな話題から。
今回、帰省して「日本ってなんてすごい国なんだ!!」と、感動したことのひとつ。

それは……食品用ラップの切れ味がめちゃくちゃすばらしい!!!!

こちらは日本でもおなじみダイソーで買ったラップ(マレーシアではRM5均一=160円なので、日本より割高です)ですけど、マレーシアのラップは使っている途中で箱が必ずこんな状態になります(´Д`)

th_IMG_3097

それでもダイソーのは最初こそ調子がいいし、運が良ければ最後まで箱の形状を保っているので、マレーシアの他のラップよりはかなりマシといえます。
こんなになっちゃうのは、箱がヤワなのも原因ですが、カッターの切れ味も悪いせい。
しまいにはカッターも外れてくるので、途中でムキーッとヒステリーを起こしそうになるくらい使いにくくて、めちゃくちゃストレスなんですよねえ!!!
箱が壊れてカッターも一部外れているのに、ラップ本体はたっぷり残ってるときの絶望感といったら……(T_T)
 

よって今回のおみやげには、日本製ラップも買いました\(^▽^)/

th_IMG_1383

通いメイドのリラに1つあげたら、「日本のは使いやすいのよねえ!」と大変喜んでおりました。
もうひとつはチャイニーズの友人にあげて、その切れ味に感動してもらおうと思います♪

ちなみにマレーシアのクッキングシートも粗悪品が多くて、加熱時間が長いと焦げて破れます(´Д`)
破れるだけならいいんですけど、肉や魚が張り付くことも。
「何のためのクッキングシートだあ!!」と、こちらもストレス度満点なんです。
よって、クッキングシートは自分用です♡
 

わが家用のラップはなぜ買ってこなかったかというと、以前「マレーシアのラップが粗悪品で困る」という話をしたら、なんとマレーシアに来たときにコストコのラップを2本もおみやげにもってきてくださった方がいて♡
これ、ピッと引っ張ってお皿にかぶせたら、つまみをスライドさせるだけで簡単に切れるから、ノーストレスなんです!

th_IMG_3599

231メートルもあるので、めちゃくちゃ重かったと思います(な、なんと69.67平米と箱に書いてあります!!)。
おかげでラップでイライラすることがなくなりました\(^▽^)/

とっても些末なことですけれど、マレーシア生活を快適に暮らすためには結構ポイントだと思うんですよ♪

デイジー
text by デイジー

神奈川県生まれ。編集者、プロデューサー、ディレクター。2012年12月、家族でマレーシアに移住。主宰する「ワクワク海外移住」では、ブロガーのデイジーとして、マレーシアの生活、教育、子育て情報などを発信中。失敗談も多数。正直な目線のブログが、マレーシア内外の読者の支持を集めている。


ワクワク海外移住Facebookページにて、KL・Kampar&Ipoh・Johor情報を随時更新中!
「いいね」ボタンを押していただくと、最新情報をご覧いただけます。

マレーシア留学・移住のための視察ツアーはこちらからどうぞ!


page top