いつかマレーシアで暮らしてみたいですか?
あるいは今、マレーシア生活を楽しんでいますか?

これから始まろうとしている異国の地での暮らしにドキドキしながら、
私が家族(夫=グラフィクデザイナー、ふたりの息子=当時4歳+1歳、中型犬2頭→諸事情によりのちに4頭に!)とともに
クアラルンプール国際空港に降り立ったのが、2012年12月のこと。
あれから早◯年……
今日もまた、マレーシア独特の大らかだけど大雑把な人々のふるまいや、文化の違いに目を白黒させながら、
でもそれを笑い飛ばしながら、子育てに仕事に家事にあたふたする日々を過ごしています。

かくいう私、日本国内だけで40年間も生きてきて、
まさかこの年になって海外暮らしをすることになろうとは微塵も思っていませんでした。
「いつかハワイで暮らしてみたい!」程度の漠然とした憧れはありましたが、
まさかの東南アジア! まさかのマレーシア! だったのです。

神奈川県の中途半端な地方都市に生まれ育ったせいか、極度の東京コンプレックスを経たあとは、
東京を好きになりすぎてしまい、今世はもはや東京から離れて暮らすことはないだろうと思っておりました。
編集者として広告や書籍、雑誌をつくったり、ブランドやイベントのプロデュースをしたり。
慌ただしくも刺激的で楽しい日々が、未来永劫つづくかのように錯覚していたのです。

しかし、そんなある日、突然降りかかってきた東日本大震災。
それをきっかけに、今一度人生を考え直し、
「自分の年齢的にも、夫の年齢的にもギリギリ挑戦できるかも……。何より子どもたちには広い世界を見せたい!」と、
海外移住を一念発起。
あれこれ情報収集を行い、あらゆる数字とにらめっこした結果、超現実的なところで移住先をマレーシアに決定(笑)。
移住前も移住後も、たくさんのムダ骨や失敗を重ねつつ、現在に至ります。

本サイトは、そんなクアラルンプール在住の編集者とその愉快な仲間たちによって立ち上げた
「WAKUWAKU MALAYSIA」という会社によって運営されています。
私たちが見て体験したナマのマレーシアを、いいところも悪いところも包み隠さずお伝えしたいと思っています。

未来を担う子どもたちはもちろん、私たち大人も世界を意識せずに生きていくことが難しい時代になりました。
願わくはどんなときも強く、しぶとく、しなやかでありたいところですが……
現実は今もって道に迷うことだらけだし、ときには涙することも。

私たちの通った道が、少しでもみなさんのお役に立つことがあれば、とてもうれしいです。
いつも笑顔とユーモアを心に、この変化の時代をともに生き抜いていきましょう!

「ワクワク海外移住」主宰
“デイジー”こと小倉若葉(なおよ)

会社名

WAKUWAKU MALAYSIA SDN. BHD. (Company No.1093104-K)

設立

2014年5月

代表取締役

小倉若葉

取締役

長塚香里・古川誠二・山崎聡子

事業内容

①マレーシアの移住・生活・教育・子育てメディア「ワクワク海外移住」の運営
②インターナショナルクール視察等、各種ツアーやホリデープログラム等の企画・実施
③ウェブサイト制作およびウェブアプリケーション開発
④ロゴやパンフレット等のグラフィックデザイン

住所

No.15 Jalan Tenggiri, Bangsar, 59100, Kuala Lumpur