Mixed up! Penang! Mangoのペナン案内&親子留学生活ダイアリー

2017/09/27

【ペナン新設校】2019年にイギリス系インターナショナルスクール開設予定

先日『2019年ペナン島内にインターナショナルスクール新設』という一報が流れてきました。ソースはこちら↓の記事です。

ペナン州首相Lim Guan Eng氏 立会いの元、ペナン州・Stonyhurst Collage・LAPIS(後述)の三者が契約に合意。イギリスのミッション系私立校 Stonyhurst Collage が海外に開設する、初のインターナショナルスクール。

学校名   :Stonyhurst Penang International School
カリキュラム:イギリス式
エリア   :Seri Tanjung Pinang, Tanjung Tokong
対象    :3〜18歳、1200名規模

まずエリアに驚き!Seri Tanjung PinangはStraits QuayやTESCOなどペナン北部の生活中心部、かつ外国人居住地区のど真ん中で、現在も絶賛開発真っ最中。

↓記事内の地図ではTESCOのすぐ裏手ですが、正確な位置かどうかは怪しい気がする…ついでに2019年オープンも信じてはいけない気がします!(マレーシアあるある)

↓大元のStonyhurst Collageは、なんと1593年設立!ヘリテイジの修道院を改装した校舎だそうで、いかにも〜な佇まい。(ペナン開設予定地との差が激しい!)

(写真はStonyhurst Collage Web Siteより拝借)

UK事情に疎いMangoは存在すら知らなかったのですが、400年以上の歴史を持つ学校なんですね。Stonyhurst Collage Web Siteによれば、やはり3歳〜18歳まで、GCSE、IB、A-level とPre-Uカテゴリーまで揃っており、施設も充実。サイト言語がヨーロッパや中国・ロシアなど10カ国語に対応していることから、留学生も多数学んでいると見受けられます。ペナンの方はどんな学校になるのでしょうね?! いろんな意味で楽しみです!

余談ですが、このニュース内の諸々を調べて知った事…

・LAPIS = Lasallian Asia Partnership for International Schools Pte Ltd

・Lasallian = La Salle + -ian = ラ・サール = クリスチャン系のスクール

・Jesuit = イエズス会 = カトリック教会の男子修道会

キリスト教にも疎いMango、イエズス会からフランシスコザビエルにまで繋がり、非常に勉強になりました!(詳しくはイエズス会Wikipediaを参照)

Wikipediaによれば『現代イエズス会の活動メインは、高等教育』だそうで、2018年オープン予定のWesley Methodist School Penangもミッション系団体が母体だし、ふむふむ。一方ペナン州政府の考えは『教育ビジネスの成功=外資企業&外国人からの投資が期待できる』と記事文末にあり。土地の狭いペナンの戦略方法か、と興味深く読んだのでした。

それはさておき、学齢期の子どもを抱える親にとって選択肢が広がるのは純粋に嬉しい事ですよね。今後も動向を見守っていきたいと思います!