ごまたろうのマレーシア子育て絵日記

2015/10/16

いわゆる金物屋で

1015blog

近所に工具やらホウキやらを売ってる
DIY的・金物屋に買い物に。

まとまった金額だったので、「負けてー」というと
品物ごとにちょっとずつ割引してくれる。
だんだん覚えてきたマレー語の数字でやり取りしてみる。
「338」なら「ティガ、ティガ、ラパン」だ。
正式な言い方はまだ自分には難しい〜。
全部マレー語で話せるともっと負けてくれるのかなー?

なんて会計してるすぐ横で、いい大人の男店員2人が
プロレスの技をかけあってはしゃいでいる。
こんな風景に出会うたび、
客の隣でスリーパーホールドをしてる店員がいても
別に? 何か問題でも?
と日本のみんなも笑ってすませられたら、
もっと幸せなんだろーなーとしみじみする。